アルツハイマー型認知症と嚥下障害との関係

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症で嚥下障害(えんげしょうがい)が起きる?

アルツハイマー型認知症 嚥下障害

 

アルツハイマー型認知症の方には、嚥下障害(えんげしょうがい)という症状が稀に現れることがあります。

 

アルツハイマー型認知症は、物忘れ、記憶力の低下等、認知機能の低下は起こります。

 

しかし、重度になるまでは身体機能はほとんど低下しません。

 

脳のダメージを受ける部位によるものだからです。

 

ですので、アルツハイマー型認知症の方にはほとんど嚥下障害はみられません。

 

ただ、食事場面を認識できずになかなか食べ始めないことや、食べ物をうまく喉へ送り込めないことはあります。

 

ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。

アルツハイマー型認知症で嚥下障害が起きるときとは?

アルツハイマー型認知症では嚥下障害がほとんど見られないというのは前述しました。

 

しかし、中期以降のアルツハイマー型認知症の方は、脳の萎縮も進行するため、様々な摂食・嚥下障害がみられるようになります。

 

たとえば、異食(食べ物でない物を食べる)や、箸が使えず手で食べる、他人のものを食べる等です。

 

また、アルツハイマー型認知症の方は、自分の舌や口、顎がどこにあるのかわからなくなるため、食事を自ら送りこめなくなると言われています。

 

そうなると、嚥下障害もでてきますので、アルツハイマー型認知症の方への直接的な食事介助が必要になってきます。

 

食事介助のスピードやタイミングが、誤嚥(ごえん)につながることもありますので気をつけたいところです。

アルツハイマー型認知症の嚥下障害にはどう対処すれば良いか?

アルツハイマー型認知症の方の嚥下障害は、初期のころではほとんどみられません。

 

そのため、直接的な食事介助は必要ないことが多いですが、嚥下障害を防ぐためには、食事の際は、むやみに話しかけない方がいいでしょう。

 

お話していて、誤嚥してしまうこともあり得ますし、集中力の低下による食事の中断もあり得るからです。

 

アルツハイマー型認知症が進行すると、身体機能の低下により、食事中に立ち去ることもなくなります。

 

そんな身体機能とともに嚥下機能も低下してくるため、嚥下障害も時折みられるようになります。

 

介護者の方は、食べ物の「送り込み不良」から誤嚥、窒息とならないよう注意しなければなりません。

 

そして、アルツハイマー型認知症の末期は、意識レベルが低下し傾眠状態が増え、嚥下障害もでてきます。

 

アルツハイマー型認知症の方への食事介助は、声かけをし、頸部を前屈して嚥下筋力が働きやすくする必要があるかも知れません。

 

また、介助のスピードやタイミング、量などをその方にあわせるといった工夫が必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。