アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)とは?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)という症状について

アルツハイマー型認知症 多動(徘徊)

 

アルツハイマー型認知症による「多動」という症状があります。

 

多動とは、文字通り不自然にたくさん動きまわることを表す言葉です。

 

アルツハイマー型認知症の方は、廊下や外に出て歩き回っていることがよくあります。

 

これは、アルツハイマー型認知症の行動障害の一つですが多動と呼ばれたり、もっと一般的には「徘徊」ともいわれます。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症による多動についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)はなぜ起きる?

アルツハイマー型認知症による多動という症状は、どうして起きるのでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症の方は、一般的に自分が今どこにいるのかが分からないために、多動になり歩き回っていることが多いようです。

 

しかし、その方なりに、その多動という症状には理由があります。

 

たとえば、何かを探して歩きまわっているかもしれないし、買い物に行きたいのかもしれません。

 

アルツハイマー型認知症になると、何かをしていても、集中力が続きません。

 

そのため、すぐに「うちに帰らないといけない。」と言い出したりすることで、多動になってしまいます。

 

ちなみに、私が介護をしているアルツハイマー型認知症の方の場合、バッグを持って立ち上がる姿を頻繁にみかけます。

アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)への対処はどうすれば良い?

アルツハイマー型認知症の方の多動に関しては、病状の進行とともに周りが止めることも容易ではなくなってきます。

 

介護者が無理をして止めようとすれば、暴言や暴力へと進みかねない状況になります。

 

アルツハイマー型認知症の薬量の調整を考えることもあるかもしれません。

 

アルツハイマー型認知症の方の多動対策に多いのかもしれませんが、私の母の場合、GPS機能のついた見守り携帯を持たせていました。

 

こちらからの声が自動的にスピーカーでつながるので、操作は必要ありませんでした。

 

また、有料ですが、いなくなったときの捜索もセキュリティ会社が行ってくれるというものでした。

 

初期のアルツハイマー型認知症の方にとっては、とてもよいシステムのものだったので、助かりました。

 

私は、母がいなくなったとき、見守り携帯での通話のおかげで、何度か近くのスーパーまで迎えに行くことができました。

 

アルツハイマー型認知症の方の多動についての対策としては、認知症ネットワークへの登録や、ご近所さんや交番への声かけもよい方法かもしれません。

 

また、デイサービス利用や昼間の適度な運動などで、家に帰ったときは多動が見られなくなることもあります。

 

アルツハイマー型認知症の方が、多動になったときには、その方なりの理由を聞いてあげることも大切です。

 

ご本人が探しているという探し物や外出などを一緒にしてみるのも効果的なやり方だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。