アルツハイマー型認知症の予防

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の予防について

アルツハイマー型認知症 予防

 

アルツハイマー型認知症は予防できるのでしょうか?

 

これだけ世の中でアルツハイマー型認知症が騒がれれば、出来ることなら予防したいと考える方は多いはずです。

 

まず、アルツハイマー型認知症に大きく関係するのは、脳の老廃物とも言われるβ(ベータ)アミロイドと呼ばれる異常なたんぱく質です。

 

この物質は、正常な人でも分泌されますが、分解酵素によって分解されて、健康であれば蓄積しないようになっています。

 

しかし、年をとることによって、βアミロイドを分解することが追いつかなくなると、何十年かするうちに、神経細胞に付着して脳の機能を損なって行きます。

 

初期の段階で、情報伝達をする役目のネットワーク、つまりシナプスが少しずつ破壊され、軽度の認知障害が現れてきます。

 

やがて、脳細胞自体を破壊し、脳が萎縮して行きます。

 

それから徐々に認知症が軽度のものから重度のものへと進行していきます。

 

このことから、出来るだけ長く「βアミロイド」を分解する酵素が正常に働くようにすることが、アルツハイマー型認知症の効果的な予防の一つになると言えます。

アルツハイマー型認知症の予防は「インスリン」がカギ?

アルツハイマー型認知症の原因となるβアミロイドを分解する酵素は、インスリン分解酵素と言います。

 

これは、本来ならインスリンの分解をする酵素です。

 

しかし、それと同時にβアミロイドの分解も行なってくれるものでもあります。

 

このことは何を意味するのでしょうか?

 

実は、体内にインスリンが多い状態になると、この酵素がインスリンを分解することに費やされてしまい、βアミロイドの方の分解が正常に出来なくなります。

 

そのため、神経細胞に蓄積されていくことになってしまうのです。

 

ですから、βアミロイドを分解する酵素が正常に働くようにするためには、出来るだけインスリンの多い状態を最小限にすることが効果的な予防になります。

アルツハイマー型認知症の予防に何をするか?

では、アルツハイマー型認知症の予防は、実際のところ何をすれば良いのでしょうか?

 

2型糖尿病、糖尿病予備軍、肥満、運動不足の人は、体内にインスリンが多い状態にあるか、多い状態になりやすいと言われています。

 

つまり、生活習慣病に注意することは、アルツハイマー型認知症の予防にとても効果があるということです。

 

早ければ、40代ぐらいからβアミロイドは体内に蓄積しやすくなります。

 

ですから、まずは「中年太り」にならないようにすることは効果的と言えます。

 

たとえば、炭水化物の取りすぎや高脂肪な食生活は、インスリンを増やす原因となるので避ける必要があります。 

 

また、脳は寝ている時にβアミロイドなどの老廃物を取り除いているといわれています。

 

普段からの十分な睡眠は、予防効果を増し加えるものとなります。

 

そして、ジョギングなどの有酸素運動も脳を活性化させるので効果があります。

 

こうした事を心がけていれば、糖尿病などの生活習慣病を予防することになりますし、同時に、アルツハイマー型認知症の予防にもなると言うことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。