アルツハイマー型認知症の感情失禁とは?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の感情失禁について

アルツハイマー型認知症 感情失禁

 

アルツハイマー型認知症の方は、感情のコントロールがうまくできなくなります。

 

そのために、感情失禁を起こしてしまうことがよくあります。

 

アルツハイマー型認知症の方は、些細な事で急に怒り出したり、または泣き出したりすることが多く、これが感情失禁というものです。

 

思わず介護者も感情的になることがあります。

 

でも、それは、この後の私の失敗体験を読んでいただければ、やるべきでないことがお分かりいただけるでしょう。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明したいと思います。

アルツハイマー型認知症の感情失禁~私の体験~

アルツハイマー型認知症の感情失禁に対して、私もいろいろな経験をしたことがあります。

 

たとえば、施設等でアルツハイマー型認知症の方が感情失禁したときは、まわりの方がとても驚かれます。

 

同じアルツハイマー型認知症の方がそばにいらっしゃるときは、その方たちもつられて不穏状態になったります。

 

そして、同じように感情失禁がでたりと、その場が混乱してしまうことがよくありました。

 

アルツハイマー型認知症の方が感情失禁をおこしやすいのは、初期のころでは「自分が情けない。忘れてばかりで。」といった心の葛藤からのこともあります。

 

アルツハイマー型認知症になったとは言っても、まだ意識がハッキリとしているため、自尊心による感情失禁が多くなるためだと感じます。

 

また、まわりの人の関わり方によって、感情失禁が現れることもあります。

 

私の母は、あまりに「帰る、帰る」と繰り返すので、家族もイライラしてしまい、「ここが家よ。何回も言ってるのに。」と強くいうと、感情失禁がおこりました。

 

そうして、わめいたり、物を投げたり家族をつねって出ていくこともありました。

 

あのときは、アルツハイマー型認知症の感情失禁に対しては、もっと冷静に対処しなければならないと反省しました。

アルツハイマー型認知症の感情失禁への対応はどうするの?

アルツハイマー型認知症の方が感情失禁を起こしているときの対応として、上記での私の母への対応はとても悪い例です。

 

アルツハイマー型認知症の人が、今いるところがどこなのかわからずに、不安になっているのに、見ている家族が感情的になって強い言葉で遮りました。

 

そのことによって、感情失禁がおきたのです。

 

アルツハイマー型認知症の方が不安な気持ちを抑えきれずに感情失禁をおこしたときは、相手の気持ちを察して話に耳を傾けることが大切です。

 

ご本人の気持ちが、ゆっくりと落ち着くまでそばにいてあげて、穏やかな口調で話しかけることを心がけることが、なによりも必要なことなのです。

 

アルツハイマー型認知症の方が「帰る」と何回もいうときは、一緒に外に出てみるのもいいでしょう。

 

感情失禁が出る前に、対応できることはあるはずです。

 

私たち家族は、あのときの母の感情失禁から学ぶことができました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。