アルツハイマー型認知症と性差の関係性とは?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症と性差の関係性について

アルツハイマー型認知症 性差

 

アルツハイマー型認知症にかかる方の中で、男女の性差はあるのでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症は、認知症の中では圧倒的にその割合が多く、全体の5割を占めています。

 

性差という点では、アルツハイマー型認知症は「女性」に多いです。

 

好発年齢は、70歳前後と言われています。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の性差という部分について詳しくご説明します。

アルツハイマー型認知症の性差の詳細は?

アルツハイマー型認知症の性差は、男性1に対して女性が1.5~1.8。

 

つまり、男性の2倍近く女性の方が多いと言われています。

 

そして、アルツハイマー型認知症は、90歳以上の性差では、女性が5.8倍多いことが報告されています。

 

90歳以上の年齢の場合、女性の方が平均寿命が長いということも性差の数値となって現れているのかも知れませんね。

 

しかし、アルツハイマー型認知症は、脳のサイズの大きな男性の方が女性にくらべて脳予備能力が大きいために、性差がでてきており、男性の方がアルツハイマー型認知症がより少ないと言われています。

 

アルツハイマー型認知症に性差が現れる原因として、女性に「閉経」があるからだという説もあります。

 

男性の場合は、なだらかに男性ホルモンが減少します。

 

それに対して女性の場合は、閉経とともに急激な女性ホルモンの低下が起きます。

 

アルツハイマー型認知症の発症には、この急激なホルモン低下が関わっているようです。

 

アルツハイマー型認知症に性差が生じるはっきりとした原因は、まだよくわかっていません。

アルツハイマー型認知症の性差への対処は?

アルツハイマー型認知症の方の性差への対策としては、まず、女性は家事だけでなく、男性がしているような囲碁や麻雀をしてみることもよいのではないでしょうか。

 

アルツハイマー型認知症予防のために、ゲームや手先を動かすことをするのもよいと言われています。

 

基本的に、性差に対してどうのというよりも、アルツハイマー型認知症全般に対しての対処を考えた方が良いでしょう。

 

特に、アルツハイマー型認知症の性差でリスクが高いと言われている女性は、手芸など趣味があればそれをしたり、人と関わるサークル活動などに関わるのもよいでしょう。

 

逆に、男性は脳血管性の認知症が多いと言われていますので、生活習慣の見直しをすることが予防につながるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。