アルツハイマー型認知症の症状 幻視

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想とは?

アルツハイマー型認知症 幻視

 

アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症の初期には、幻覚(幻視)の頻度は低いです。

 

それよりも、妄想の方が高頻度で現われ、中期以降には幻覚が増えて来ます。 

 

老年期認知症の約30~40%に、何らかの幻覚(幻視・幻聴)や妄想がみられると言われています。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想をくわしく

アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想について詳しくご説明しましょう。

 

  • 幻覚 = 全く何もない所に見えてしまう・聞こえてしまう。
  • 錯覚 = そこにある物が違う物に見えてしまう。
  • 妄想 = 思い込みでそう感じてしまう。(訂正出来ない観念)

 

アルツハイマー型認知症の場合には、初期~中期に現れる妄想が、周囲の人を悩ませる症状の一つとなります。

 

その中で1番多い妄想が、物盗られ妄想です。

 

続いて、「被害妄想」「嫉妬妄想」と、ネガティブな妄想が多いです。

 

アルツハイマー型認知症は、精神疾患にみられる「誇大妄想」や、「血統妄想」は、ほとんど現れないのが特徴です。

アルツハイマー型認知症患者の幻視・妄想への対処法・注意点

アルツハイマー型認知症の一つである幻視や妄想について、どう対応するのが良いのでしょうか?

 

これは、周囲で介護をする方が悩まれる所でもあります。

 

「幻視・幻聴」

 

幻視でよくあるのが、「(亡くなった)人が来た」とか、「小さな子供があそこにいる」「虫がいる」「蛇がいる」などの訴えです。

 

それを、「そんな事はない」と否定しても、本人にとっては「見える」し「聞こえる」のです。

 

いくら説明しても、理解はしてもらえません。

 

ご本人が納得出来ないどころか、関係性まで壊れてしまう結果となります。

 

否定をしても口論になるだけなので、説得はやめた方が賢明です。

 

幻視や幻聴があった場合には、それを認めて、その人が安心できる言葉と態度で対応する方が良いです。

 

「大丈夫、安心して。私がいるから」と言ったり、怖がっている時には退治をするような態度で表現すると納得して頂ける事が多いです。

 

「妄想」

 

妄想は、訂正の出来ないネガティブな思い込みです。

 

なので、一旦はその妄想が起きていることを認め、どうしたら楽になれるのかを「一緒に考える」という姿勢と言葉をかけることです。

 

つまり、まずは「あなたの味方です」と安心感を得られるところから始めましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。