アルツハイマー型認知症と運動障害の関係

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症と運動障害の関係について

アルツハイマー型認知症 運動障害

 

アルツハイマー型認知症になった方が、運動障害を起こすケースがあります。

 

アルツハイマー型認知症は、初期のころは物忘れなどの認知症状から始まります。

 

出来事記憶と呼ばれる、いわゆる「自分がやったこと」や「自分に起こったこと」が思い出せない症状のことです。

 

基本的に、運動障害がみられるのは、アルツハイマー型認知症が高度に進行した時期です。

 

運動障害で多い症状としては、小刻みに歩いたり、極端な前傾姿勢になってしまうことが挙げられます。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の運動障害は初期でも現れる?

運動障害は、アルツハイマー型認知症が高度、いわゆる末期症状になった場合に現れるというのは前述しました。

 

ところが、初期のころでも、迷子になって転倒して骨折してしまい、運動障害を起こす場合もあるのです。

 

アルツハイマー型認知症の方の長期間の安静は、病気の進行を早めてしまいます。

 

アルツハイマー型認知症の病気の進行が早まると、運動障害はさらに進行し、寝たきりの状態へと移行するリスクが高まってしまいます。

 

高度のアルツハイマー型認知症になると、大脳皮質の機能が広い範囲で失われてきます。

 

そのため、目は動かすが瞼は閉じず、身動きひとつせず、言葉も発しないといった重い運動障害を生じてしまいます。

アルツハイマー型認知症の運動障害にはどう対処する?

アルツハイマー型認知症の方の運動障害への予防や対策としては、まず、転倒に気をつけることです。

 

アルツハイマー型認知症に限らず、認知症患者の転倒は、そのまま運動障害や寝たきりへと進行してしまいます。

 

寝たきり予防につながるため、足腰が弱らないように日ごろから適度な運動をするのがよいでしょう。

 

アルツハイマー型認知症の方のデイサービスでよく行われているストレッチや、大きな声を出して歌を歌うことも腹筋を鍛えられて、有効だと思われます。

 

アルツハイマー型認知症の運動障害への対策は、悪化を防ぐためのまわりの人の努力が大切です。

 

特に、ご家族や職員は、アルツハイマー型認知症の方を放置しないで、お話を聞くことや寄り添うことが必要と言えます。

 

アルツハイマー型認知症の方が運動障害を起こす前に、ご本人を一人にしないで人との接触を保つことも重要です。

 

また、散歩などの適度な運動をしていただくことも、アルツハイマー型認知症の運動障害を予防する手段となるでしょう。

 

もし、アルツハイマー型認知症の方が重い運動障害になり、寝たきりになっても、声かけは明るく行ってください。

 

言葉が出なくても、何か訴えかけたいことはあるはずです。

 

あなたの温かい対応が、アルツハイマー型認知症の方の心の安らぎになるはずです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。