アルツハイマー型認知症は作り話(作話)がスゴイ?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の作話(作り話)について

アルツハイマー型認知症 作話

 

アルツハイマー型認知症の方が、よく現実には起こっていない「作り話」と取れるようなこと(作話)を話されることがあります。

 

アルツハイマー型認知症の私の母も、

 

「夜中に田中さんとようこちゃんが遊びに来て、ずっと一緒に話してたよ。」

 

などと言うことを、ふつうに言っていました。

 

もちろん、夜中ですからだれも来るはずもありません。

 

「作話」とも言われますし、聞いてる側は「また、作り話をして…」と思ってしまいます。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。

アルツハイマー型認知症で作り話(作話)をする理由は?

アルツハイマー型認知症の方が作り話(作話)をするのは、ナゼなのでしょうか?

 

実は、周りには作り話(作話)に見えても、アルツハイマー型認知症の方にとっては作り話ではありません。

 

実際に、見えているし聞こえているのです。

 

アルツハイマー型認知症の方の記憶が前後していたり、いないはずの人が見えていたりすることで、作り話と受け取られてしまうのです。

 

私が介護をしていたアルツハイマー型認知症の方がよく、このようなことを言っていました。

 

「昨日は息子の彼女たちが大勢来てね。大騒ぎやったけど、片付けもしないで帰っていったのよ。今の若い者はどうなっとるんかね。」

 

そのアルツハイマー型認知症の方がは、けっこう怒って、そのお話をされていました。

 

毎晩のように誰かが家に来ていると言うのです。

 

作り話ではありません。

 

アルツハイマー型認知症の方には見えているのですから。

アルツハイマー型認知症の作り話(作話)には、どうやって接する?

アルツハイマー型認知症の方が作り話(作話)をされるとき、どのようにして接すれば良いのでしょうか?

 

家族の中には、アルツハイマー型認知症になった親の、病気の症状を受け止めきれずにいる方もいます。

 

つい、「そんなことあるわけない。また、作り話をして!」と、怒ってしまいます。

 

アルツハイマー型認知症の方は、他にも様々な症状が出るため、初期のころは、自分の失敗に気持ちは落ち込んでいるはずなのです。

 

その上、実際に見えているのに「作り話」と怒られていては、なおさら畏縮し、アルツハイマー型認知症も進行してしまいます。

 

アルツハイマー型認知症の方に対しては作り話(…のように感じる)に限らず、介護する側は、むやみに怒ったり責めたりしないことです。

 

何度も同じこと(作話)を言われても、辛抱強く耳を傾けることが大切なのです。

 

つまり、アルツハイマー型認知症への理解が大切だということです。

 

「あの人が財布を盗っていった。」という、もの盗られ妄想が出る方もいらっしゃいます。

 

こちらも現実ではなく、「作り話」となってしまいますが、こういうときもむやみにご本人を責めるべきではないのです。

 

たとえば、一緒に財布を探したり、落ち着くまでお話を聞いたりと、アルツハイマー型認知症の方の自尊心を傷つけない方法で対応することが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。