アルツハイマー型認知症の誤嚥(ごえん)について

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の誤嚥(ごえん)は大きな問題

アルツハイマー型認知症 誤嚥

 

アルツハイマー型認知症になった方の誤嚥(ごえん)は、とても大きな問題の一つです。

 

誤嚥とは、食べ物や飲み物、あるいは唾液などを誤って気管に入れてしまったり、食べ物ではない異物を誤って飲み込むことを指します。

 

アルツハイマー型認知症では、この誤嚥による事故がとても多いのです。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の誤嚥が起きる原因は?

アルツハイマー型認知症において、誤嚥が起きる原因は何でしょうか?

 

アルツハイマー型認知症では、咀嚼(そしゃく)や嚥下機能(えんげきのう)は比較的後期まで保たれています。

 

嚥下機能とは、食物を認識して、口、喉、食道を経て胃に到達させるまでの能力のことです。

 

しかし、アルツハイマー型認知症では、食事の際に、食事を認識できずに、なかなか食べ始めることができないということは頻繁にあります。

 

アルツハイマー型認知症の方は、嚥下機能が保たれていますが、誤嚥事故が起きることがよくあります。

 

向精神薬や眠剤の影響で、傾眠傾向にある方は、しっかり目が覚めてから食事をする必要があるのです。

 

そうしないと、口の中に食べ物を飲み込まずに残していて、何かの拍子で誤嚥する危険性をはらんでいます。

 

また、アルツハイマー型認知症の方は、最初は食べ物とわかっていても、途中で食事をしていることを忘れてしまうこともあります。

 

無理に口に食べ物を運ばれて、口の中にため込んでしまい、誤嚥してしまうということも起こり得ます。

 

むせてせき込み、食べ物を吐き出してしまえばいいのですが、稀に「むせ」もないままに誤嚥してしまっているときもあります。

 

そのため、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は高齢者にとても多い病気です。

 

アルツハイマー型認知症の方の食事中は、特に注意が必要です。

アルツハイマー型認知症の誤嚥を防ぐための対処、注意点は?

では、どうしたらアルツハイマー型認知症の方の誤嚥を防ぐことができるのでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症の患者さんの食事の時は、声かけをしながら、しっかり覚醒した状態で食べてもらいましょう。

 

これだけでも、ずいぶん誤嚥を防げます。

 

食器の出し方も、ワンプレートにするとか、工夫をした方がよいです。

 

アルツハイマー型認知症の方は、食べ始めるのにとても時間がかかります。

 

なので、食事だということを認識してもらうためにも、はじめは介助しながら食べてもらうのもいいでしょう。

 

食事介助の時は、一口の量やスピード等、その方にあわせたペースで行うようにすることで、誤嚥を防げます。

 

アルツハイマー型認知症の方は、食べ方がわからなくなるため、噛むことをせず誤嚥につながることもあります。

 

その点に対しても十分留意して、よく観察しながらの介助が必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。