アルツハイマー型認知症の余命はどのくらい?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の余命について

アルツハイマー型認知症の余命

 

アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?

 

ご家族のだれかが「アルツハイマー型認知症」と診断された場合、まわりの方は「余命」がどれくらいなのか、とても気になりますよね。

 

これからの時代、ドンドン認知症の人が増えると言われている中、アルツハイマー型認知症は、認知症の原因1位です。

 

正直、いつ、だれのところにアルツハイマー型認知症がやってくるのかは、分かりません。

 

ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の余命には個人差がある?

実は、アルツハイマー型認知症の余命については、個人差があります。

 

まず、若年性アルツハイマーの方なら、早ければ30~40代で診断されます。

 

ですから、そのような年齢層と、高齢になってからアルツハイマー型認知症を発症した場合とでは、比べる事がとても難しいです。

 

また、アルツハイマー型認知症と診断されたのが、初期なのか中期なのかでも違うとは思います。

 

アルツハイマー型認知症の「平均余命」は5年前後と言われています。

 

このように、アルツハイマー型認知症は、あまり長生きする事が出来ない病気と言えるでしょう。

アルツハイマー型認知症の余命に対して出来る対処法・注意点

アルツハイマー型認知症の方は、2~3年程度の時間をかけ軽度→中度→高度と進行して行きます。

 

アルツハイマー型認知症は、その時期に合わせた対応が必要となって来ます。

 

まわりで介護を行っている人が考えているより、「大変な時期」というのは長くはありません。

 

アルツハイマー型認知症の方は、自分の思っている事や、不安な気持ちを上手く表現できません。

 

そして、すぐ物事を忘れてしまいます。しかし、心は生きています。

 

優しくしてくれる人は大好きで、自分を嫌う人には敏感に五感で感じ取っています。

 

ですから、意地悪な介護をしない。そして以下のような対処法・注意点を知っておくと良いでしょう。

 

  • 何度も同じ事を聞く→何度でも短い言葉で返答する。
  • 物を盗られたと言う→一緒になくした物を探す。
  • 家に帰ると言う→一緒について行く。

 

アルツハイマー型認知症の人と向き合うと、介護する側の心が折れてしまう場合があります。

 

ですから、「向き合う」という姿勢から、アルツハイマー型認知症の方は何を考え、どの世界に生きているのかを考える。

 

そして、「同じ方向を見る」姿勢に変えると気持ちが楽になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。