アルツハイマー型認知症は体重減少が激しいの?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症と体重減少の関係性について

アルツハイマー型認知症による体重減少

 

アルツハイマー型認知症において体重減少というのは気になる部分かも知れません。

 

日に日にやせ細っていく様子を見ながらご心配されている方も少なくないでしょう。

 

アルツハイマー型認知症の方は、重度になると「寝たきり状態」になることもあるというのは、よく知られていることです。

 

さらに、アルツハイマー型認知症では、摂食障害や運動障害、意欲低下などにより急激に体重減少することがあるのです。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症による体重減少についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の体重減少の原因は?

アルツハイマー型認知症における体重減少が、摂食障害や運動障害などによって起きることは前述しました。

 

実は、それ以外にも、アルツハイマー型認知症の方は、認知症害が現れるかなり前から、原因不明の体重減少があると言われています。

 

不思議なことに、認知症症状の悪化とともに、アルツハイマー型認知症の体重減少も進むという報告もあるのです。

 

また、若年性アルツハイマー型認知症の方の予兆としての一つに、急激な体重減少があるとも言われています。

 

つまり、アルツハイマー型認知症の方の体重減少は、認知症状の進行とともに起こるものと、記憶障害とは別の前兆として起こることもあるということです。

 

介護者の方は、その点に留意しながら病状を見つめる必要があると言えるでしょう。

アルツハイマー型認知症の体重減少への対処はどうする?

アルツハイマー型認知症の方の体重減少については、認知症の前兆として起こるものについては防ぐのは難しいです。

 

しかし、認知症の疑いがあるかどうかは置いておいても、60歳を超えたらアルツハイマー型認知症の前兆があるかどうかの目安を持つと良いでしょう。

 

具体的には、記憶力のチェックとともに、体重測定を定期的に行うとよいです。

 

一方、アルツハイマー型認知症の方の急激な体重減少を防ぐためには、食事内容を考えることが挙げられます。

 

もちろん、カロリーの高い物を摂取するという食事のやり方はダメです。

 

アルツハイマー型認知症の体重減少を防ぐために、脳の萎縮を防止したり、認知機能の低下を防ぐ食事を意識するのです。

 

そのために、DHAやEPAが多く含まれた青魚の摂取を多くするのは、とても良いことと言えます。

 

発酵食品も、胃腸や体調管理によいので、納豆やみそ汁などの摂取を心がけましょう。

 

アルツハイマー型認知症の方が急激に体重減少しないように、栄養バランスの整った食事内容にすることも忘れてはいけません。

 

食事形態も、それぞれのアルツハイマー型認知症の方に合わせた形態で食べていただきましょう。

 

ご本人の食べる意欲を失わないようにすることで、極端な体重減少を防ぐことが出来ます。

 

また、アルツハイマー型認知症の重度の方は、嚥下障害(えんげしょうがい)がでてくることもあります。

 

なので、食事介助の姿勢やタイミング、一口量なども十分配慮して行いましょう。

 

そういった配慮で、体重減少が防げます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。