アルツハイマー型認知症の関わり方は、どうする?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の関わり方について

アルツハイマー型認知症 関わり方

 

アルツハイマー型認知症の方に対しての、関わり方で悩まれるケースは多いと思います。

 

アルツハイマー型認知症は、認知症全体の約55%を占めると言われています。

 

脳の萎縮、脳室の拡大がみられる認知症で、女性に多いと言われています。

 

特に、初めてアルツハイマー型認知症に直面されたご家族の方は、自分の気持ちの整理や関わり方に対する数々の疑問にぶち当たることと思います。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の関わり方を初期症状から見つめなおす

アルツハイマー型認知症の場合、初期のころから時間や場所の認識が難しくなってきます。

 

さらに、人格まで変化し、感情の起伏が激しいことが多いため、関わり方が難しいと感じる方も多いでしょう。

 

実際、私もそうでしたが、家族や介護職員が戸惑うことも多いです。

 

また、アルツハイマー型認知症の方は、行動範囲も広く、徘徊などの問題行動を起こしやすいという特徴があります。

 

そういう面からも、より一層、関わり方を難しくすると言われています。

 

アルツハイマー型認知症は、日常生活のいろんな動作も徐々にできなくなります。

 

食事の仕方や、歯みがきの仕方も忘れていくためです。

 

アルツハイマー型認知症の方との関わり方は、その進行とともに配慮と注意を必要とします。

アルツハイマー型認知症の具体的な関わり方や注意点は?

アルツハイマー型認知症の具体的な関わり方について、私の体験を少しお話させてください。

 

私が施設勤務を始めたばかりのころ、まだ初期のアルツハイマー型認知症の女性が、いつも通りに買い物に行かれました。

 

そして、なかなか帰ってこなかったことがありました。

 

みんなで探し回り、見つかった時は、その方は失禁されて泣きながら不安そうに立っておられました。

 

当時の私は、寄り添い一緒に泣くしかありませんでした。

 

そういう関わり方しかできなかったのです。

 

私の叔父も認知症にかかりましたが、やはりアルツハイマー型認知症でした。

 

アルツハイマー型認知症の割合はとても多いと痛感します。

 

叔父の場合は、夕方になると毎日のように「うちに帰る」と言いながら、自宅を出て行っていたようです。

 

聞いた話では、叔父が行くところはご近所のおうちだったそうです。

 

いつも決まった時間にやってくるので、ご近所さんも慣れていて、笑って迎えてくれていたそうです。

 

アルツハイマー型認知症に対しての理解者が周囲にいると、本当に心強いものだなと、その時思いました。

 

叔父の家族も、本人に気づかれないように少し距離を置いて見守っていたそうです。

 

その関わり方に感心しました。

 

そういうときのアルツハイマー型認知症の方との関わり方の注意点は、心配だからと言って、決して付きまとうことをせずに見守ることです。

 

アルツハイマー型認知症は、心に余裕をもって関わることが一番なのだと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。