認知症の原因とアミロイドβ

スポンサードリンク

認知症の原因とアミロイドβについて

「アミロイドβ」「タウたんぱく質」は,、認知症の原因物質とされています。

 

このふたつの物質の脳内への蓄積が脳神経細胞を壊し、減らしてしまうことによって、認知症が発症すると言われています。

 

このアミロイドβは、脳神経細胞から産生される老廃物で、蓄積し続けることで「脳神経細胞」を傷めてしまうのです。

 

そして、タウたんぱく質は「脳神経細胞内部」に蓄積することで、脳神経細胞自体を壊してしまうのです。

 

まず、「アミロイドβ」が蓄積され始め、そこから10年ほど経って「タウたんぱく質」が蓄積され始めます。

 

さらにそれ以降の15年ほどの間、アミロイドβとタウたんぱく質が蓄積し続け、脳神経細胞を壊し、いよいよ認知症が現れてしまうのです。

 

つまり、単純計算では25年掛けて認知症、いわば隠れた認知症は進行し続け、平均発症年齢の70歳前後に発症することになります。

 

逆に言えば、45歳頃から認知症の要因は形成され始めるわけで、その年齢からの認知症予防を身近なものとして捉えることが賢明と言えます。

認知症とアミロイド沈着の関係

アミロイドβの大脳皮質の細胞への沈着により」、アルツハイマー型認知症が引き起こるとされ、これによりアミロイド斑(老人斑)が出現します。

 

アミロイド沈着は、全身の臓器にも及ぶことがあります。

 

ただし、認知症のように脳などの臓器に限定して現れるものを「限局性アミロイドーシスと呼んでいます。

 

しかし、この説を疑問視する研究者もおり、アミロイド沈着のせいで認知症が発症するのではなく、認知症が発症し、脳細胞が死滅した人の脳にアミロイド沈着が現れていると考えるべきとの仮説を示している研究者もいます。

 

ただ、アミロイド沈着が原因であれ結果であれ、45歳からの積極的な認知症予防はしておいて無駄にはならないと思うのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。