認知症とバリデーション療法

スポンサードリンク

認知症のバリデーション療法について

認知症に対するバリデーションとは、認知症患者とのコミュニケーションによって行うセラピーの1つです。

 

バリデーションは、1963年にアメリカのナオミ・フェイル氏というソーシャルワーカーによって考案された認知症高齢者とのコミュニケーション技法と呼ばれるものです。

 

主にバリデーションが用いられるのは、アルツハイマー型認知症や、似たタイプの認知症になった高齢者に対してです。

 

ここでは、そんな認知症とバリデーションとの関係についてご説明します。

認知症のバリデーション療法とは、どんな技法?

認知症に対するバリデーションでは、患者が徘徊、叫んだりした場合にも「意味がある」として、患者の今までの人生を考えつつ共に行動し「共感して接する」事に重点を置きます。

 

療法を行う側は「傾聴」「共感」をすることで認知症患者へ安心と安定を与え、本人の達成感や自尊心を高める事を目的としています。

 

バリデーション療法は、感情表現が乏しい方等にも効果があるとされています。

 

介護現場ではよく認知症患者を「ごまかす」事が多いです。

 

帰宅願望がある方には「ここが今住んでる家ですよ」等とよくやりすごす事があります。

 

バリデーション療法とは、その真逆で本人へ真実を伝え「どうして帰りたいのか」と根本的な原因を探り、解決していきます。

 

このように、バリデーション療法は、高齢者と接する際にうそをつかないこと、ごまかさないことに重きを置いています。

 

そうすることで、認知症患者との間で信頼関係が生まれ、高齢者からの「真の心の訴え」を理解することができると考えているからです。

認知症のバリデーション療法の実施

認知症患者に対してバリデーションを行うには、専門的な知識が必要となります。

 

そのための「バリデーションワーカー」という資格があります。

 

バリデーションを実施するにあたり細かな方法がありますが、重要な方法として、まずセンタリングです。

 

これは、患者へ同意が出来る様に介護者が自分の気持ちを安定させ集中する事です。

 

次に、リフレージングです。

 

これは、患者の会話を繰り返して確認する事を現します。患者と同じ言葉や会話の流れを繰り返すことで共感を生み出します。

 

レミニングは、悩み事等がある場合は相手の思い出話を聞き、どのように解決してきたかを聞いていくことです。

 

アイコンタクトは、患者の気持ちを目によって共感するために目線を合わせる、目を見てゆっくりと近づく事などを現します。

 

タッチングは、そのイメージ通り患者へ優しく触れ合う事(抵抗や拒否がある場合は行わない)です。

 

ミラーリングは患者の動作を真似て行動から合わせ感情を合わせていく事によって認知症患者の根本的な訴えはどこにあるのかを探り、解決していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。