認知症のリハビリテーションと遊び

スポンサードリンク

認知症のリハビリテーションと遊びについて

認知症 遊びリテーション

 

認知症を改善・緩和するためのリハビリテーションと遊びについてご説明しましょう。

 

遊びリテーションという言葉は有名です。

 

脳を活性化させるためには「指を使うといい」と昔から言われています。

 

その理由は、指先には神経が多く通っているためです。

 

それを「遊び=レクリエーション」として行うことは、認知症の方々の楽しみにもなるため、各通所施設でも積極的に組み込んでいます。

 

みんなでワイワイ行うことや、競い合うことが「脳の活性化」にもつながっていくのです。

 

そんな認知症に効果的と言われる遊びリテーションとは、どのような内容なのでしょうか?

認知症の訓練 遊びリテーション

認知症 遊びリテーション2

 

認知症介護現場でのリハビリテーションの一環として、「遊びリテーション」があります。

 

遊びリテーションは、遊びやゲームをリハビリテーションに取り入れて、楽しみながら認知症をケアしていこうというものです。

 

簡単なところでは、手を握ったり開いたりするだけでもいいとされています。

 

少し発展させたケースとしては、左右の手で、グーとパーを別々に出すことで、脳への刺激はより増します。

 

また、数を指折り数えたり、じゃんけんにわざと負けるなど、道具を使わなくても効果的な予防遊びもあります。

 

これらの遊びリテーションは、うまくできなくてもいいのです。

 

遊びリテーションでは、難しい動きをやろうとして、脳を働かせることが最重要だからです。

 

また、言葉遊びも、大人数で行うと盛り上がるレクです。

 

しりとりは、誰もが経験のある遊びなので誰でも参加できます。

 

あるいは、「3文字の動物を挙げていって!」と言えば、みなさんが真剣に考え、答えが出たときはとても嬉しそうにしています。

 

また、お手玉などの一人遊びであれば、ベッドの上で一人でもできる遊びです。

 

その上、懐かしさもあるため、リハビリには効果的だと言えます。

認知症の遊びリテーションの効果性

認知症の遊びリテーションという方法には、有効な面がたくさんあります。

 

それは「トレーニング」という修行のような感覚からかけ離れているからです。

 

ともすれば、認知症のトレーニングと言えば、無理やりやらされるというイメージがついてくる場合もあると思います。

 

動かなければならないと分かっていても、加齢とともに体の動きは悪くなり、気持ちはあっても動けないというジレンマに陥る認知症患者は多いです。

 

身体を動かさないことによって、さらに認知症は進み、周囲からもトレーニングを強く勧められる。

 

そんなどうしようもないジレンマに陥る認知症の方は、一般的なトレーニングからも離れがちになってしまいます。

 

その点、遊びリテーションの場合は、楽しく、無理なく、一人でも複数名でも出来るトレーニングです。

 

いえ、トレーニングという言葉が似合わないほど「楽しい」とおっしゃる認知症患者の方も多いのも事実です。

 

そんな遊びの中から認知症の進行を遅れさせることが出来るというのが、遊びリテーションの最大のメリットと言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。