認知症のリアリティオリエンテーション

スポンサードリンク

認知症のリアリティオリエンテーションについて

認知症のリアリティオリエンテーションについて解説します。

 

一般の人でも「自分が今どこにるのか?」が分からなかったら、とても不安になると思います。

 

認知症の方はそれに加え、

 

  • 「今日は何月何日何曜日なのか?」
  • 「目の前にいる人が誰で、自分にとってどんな存在なのか?」

 

という「見当識の異状」が、常に身の上に起こりうる状態です。

 

そのため、不安や焦りのパーセンテージは、私たちよりも多く心を占めていると考えられます。

 

その不安や焦りを軽減するために、「見当識」を認識できるよう手助けをする。

 

そんなワークが「リアルオリエンテーション(現実見当識訓練)」と呼ばれる非薬物治療の一種です。

リアリティ・オリエンテーションの方法と効果

リアリティ・オリエンテーションには、クラスルーム方式(教室型)と、24時間方式(随時型)があります。

 

クラスルーム方式(教室型)は 少人数のグループにおいて行います。

 

スタッフが日常会話の中で、ホワイトボード、カレンダー、文字盤の大きな時計、大きめに書かれた全員の名札などを使って行きます。

 

グループメンバーの名前や、今日が何月何日何曜日か、天候はどうか、今居る場所はどこか、など見当識の訓練や「今」を認識してもらうことを主眼に置いて行われます。

 

24時間方式(随時型)は、自宅や介護施設などの目の行きやすい場所に、同じくホワイトボードやカレンダーなどを設置します。

 

それから、スタッフが折を見ては、場所や時間、季節などに関連したワードを会話に織り交ぜ、「現在情報」を違和感なく与えることで、見当識を訓練していくものです。

 

これらのリアリティ・オリエンテーションは、「アルツハイマー型認知症の初期」と「血管性認知症」の見当識障害によって混乱をきたしている時に、効果を発揮すると言われています。

 

この訓練は、専門知識やスキルを持ったスタッフの下で行われるべきで、まずは掛かりつけ医に相談するのが良策でしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。