絵本でケアする認知症

スポンサードリンク

絵本でケアする認知症について

認知症を絵本でケアする方法についてご説明します。

 

「読み聞かせ」というと、子供に絵本を読んで聞かせるものと思いがちですね。

 

ところが、認知症の予防やケアのために読み聞かせをすることにもメリットがあるのです。

 

軽度の認知症の場合は「読み聞かせる側」、つまり認知症であるご本人が、第三者に絵本を読み聞かせるということをおすすめします。

 

なぜなら、「目で文字を読み取って脳へ伝え、今度はそれを言葉にして声に出す」という流れがあり、脳を刺激することができるからです。

 

しかも、相手(子供)に内容をきちんと伝えるために、脳はまず自分が意味を理解しようと働きます。

 

その上、ふだん使わないような言葉や言い回しが出てきたり、登場人物になりきって、抑揚や声色を変えて読むこともあります。

 

そんな一連の行為が脳を活性化するのです。

 

逆に、読み聞かせられる側になった場合は、懐かしい昔話なら子供の頃を思い出していろいろな感情が沸き起こり、「回想法」のような効果も期待できます。

 

また、ストーリーのワクワク感を味わったり、言葉を理解しようと脳が働いたり、きれいな絵を見れば心が動いたりと様々な反応が得られます。

認知症ケアのために読み聞かせる絵本の選び方

認知症ケアのための読み聞かせで選ぶと良い「絵本のタイプ」についてご説明します。

 

認知症の方が難なく読めるようにするためにも、単純でわかりやすい設定とストーリーがいいでしょう。

 

具体的には、動物や物が擬人化されたものは、「なぜ動物が服を着ているのか?」などの疑問が先立ってしまいます。

 

また、SFやファンタジーなどでは、設定そのものの理解ができません。

 

やはり、懐かしい昔話や、ハッキリとした色使いの絵本(写真集)などがおすすめです。

 

ハッキリした色合いやキレイな花の写真などは、直感的に理解できますから脳へダイレクトに入ってくるのです。

 

実際に、認知症の方に見せると、目を輝かせる方なども多いですよ。

 

何はともあれ、高齢者への読み聞かせも子供にするときと同じように楽しんでもらうのが一番効果的です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。