認知症に対する、ぬいぐるみの効果

スポンサードリンク

認知症に対する、ぬいぐるみの効果について

現在、介護現場へのロボット導入が進められていますが、一般の家庭でロボットを購入するには高価すぎるのが難点といえます。

 

なにしろ、一体10万円以上もするのですから。

 

そこで、手ごろな価格で、認知症ケアの効果を期待できるのが、“ぬいぐるみ”や“人形”です。

 

ぬいぐるみセラピーは、もともと「うつ病」や「アダルトチルドレン(幼少期のトラウマによる心の悩み)」のケアのために使われた療法ですが、実は認知症への流用もできるのです。

 

少しでも介護ロボットに近い機能を望むのであれば、コンピュータを使った「おしゃべり人形(ぬいぐるみ)」がいいでしょう。

 

赤ちゃんタイプ、ペットタイプ、ロボットタイプなどいろいろあるので、ご本人の好みそうなものを選んではいかがでしょうか。

 

金額的にも数千円から一万円台で買えるものが多いのも魅力です。

 

また、何の機能もない「普通のぬいぐるみ」にも認知症の予防やケアへの効果があることを覚えておきましょう。

ぬいぐるみセラピーと認知症ケア

ぬいぐるみセラピーと認知症のケアについて触れてみましょう。

 

まずは、認知症云々というお話の前に、ふわふわでかわいらしい姿の「ぬいぐるみ」に、たいていの人は心癒されるのではないでしょうか。

 

科学的にも、ぬいぐるみをギュっと抱きしめるだけでも「癒し効果」があると言われています。

 

心理的なお話をするなら、「ぬいぐるみを抱きしめること=自分(の心)を抱きしめてあげる」ことになるのです。

 

さらに、ぬいぐるみ・人形に話しかけることで、孤独感や不安感が軽減されるとも言われています。

 

そのため、認知症の方々のBPSD(周辺症状)の根底に潜んでいる「不安や孤独」を和らげることにも効果があると言えるでしょう。

 

軽度認知症には「ぬいぐるみ」、それ以降の認知症には「赤ちゃん人形」を勧める声もありますが、これはご本人の意思を尊重するのが一番でしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。