認知症に対する音楽療法

スポンサードリンク

認知症に対する音楽療法について

今、認知症の現場に、音楽療法なるものが取り入れられていることをご存知でしょうか。

 

そもそも人間は、昏睡状態であったとしても「聴覚」は生きていると言います。

 

認知症にしても、それがたとえ末期でも聴覚は残っていると言えるのです。

 

そして、その聴覚から心身へアプローチする方法が音楽療法というわけです。

 

では、認知症のどのような部分に音楽療法は効果をもたらすのでしょうか?

 

認知症に対しての音楽療法の研究結果として挙げられるのは、次のような効果です。

 

  • 抑うつ状態を和らげる
  • 社会性を高める
  • 攻撃性を抑える
  • ストレスや痛みを緩和する
  • 未来や希望を感じられる

 

次に、認知症に対する音楽療法の種類について見ていきましょう。

認知症に対しての音楽療法のいろいろ

認知症に対しての音楽療法には、いろいろなものがありますのでご紹介しましょう。

 

音楽療法(1)歌を歌う

 

懐かしい歌を歌うことで記憶、感情が蘇ると共に、施設などでは歌を軸にして仲間との会話が広がり、一体感が生まれ、その場が心地よい空間になります。

 

また、歌うことで呼吸(肺)機能が高まるとされています。

 

音楽療法(2)楽器を演奏する

 

楽器の演奏により、身体機能の向上が期待されます。

 

また、仲間と演奏をすることにより連帯感や向上心も強まります。

 

音楽療法(3)音楽を鑑賞する

 

体を動かせない方の場合、音楽の鑑賞だけでも効果はあります。

 

音楽の世界に入り込むことで後ろ向きな気持ちを少しでも癒し、希望を与えます。

 

また、仲間で同じ音楽を鑑賞すれば話のタネになり、良好な関係性が築けるでしょう。

 

音楽療法(4)体を動かす

 

ダンスでも当て振りでも体操でも何でも構いません。

 

音楽に合わせて体を動かしたり、物を持って踊ったりすることで心身へ刺激を与え、障害箇所のリハビリにもつながります。

 

このように誰にでもできるのが音楽療法なのですが、さらに効果を望むなら音楽療法士によるマンツーマンのセラピーを受けてもいいかもしれません。

 

これは音楽と対話を基にセラピーを行うワンランク上の音楽療法です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
ツボ
認知症を改善・緩和する方法の一つにツボを刺激するいうものがあります。ここでは認知症に効果的なツボについて書いて行きます。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。