認知症とツボの関係

スポンサードリンク

認知症とツボの関係について

認知症とツボの関係について触れてみましょう。

 

人間の体には、350以上のツボがあると言われています。

 

そのうち、足の親指は頭部とつながりがあり、マッサージをすることによって、脳へのよい刺激が伝わっていきます。

 

また、血行不良の原因の8割は、「足裏」にあるとも言われています。

 

脳への血液循環が悪いということは、認知症に大きく関わってくるのです。

 

そこで、「ツボ押し」や「足裏マッサージ」を行って血行を保つのは、とても良い予防策、改善策となるでしょう。

足ツボ押しと足裏マッサージが認知症に効く

「認知症の改善・緩和に効果的」と言われるツボを、ご紹介します。

 

まず、足ツボですが、足の親指をじゃんけんの「グー」のように曲げたときに、もっともへこんでいる部分が「湧泉(ゆうせん)」というツボです。

 

この湧泉を押したり叩いたりすると、自律神経が活性化し、体全体の気が上がっていきます。

 

そして、脳と直接つながりのあるのが「足の親指」です。

 

手で足の親指を触って、関節などが硬いと感じたら、とにかく優しく揉みほぐします。

 

また、足裏全体を触ってみてゴリゴリと硬い部分があれば、そこには老廃物が溜まっているという証拠です。

 

その場合は、ゴリゴリ部分をマッサージして揉みほぐし、老廃物を細かくして排出させましょう。

 

足裏が柔らかければ、それは全身の血流が良くなっているということになります。

 

足裏マッサージは、入浴中や入浴後の体が温まっている時に行うのが効果的です。

 

そして、さらに足のツボを刺激できる良い方法があります。

 

それは、ズバリ!「歩くこと」です。

 

実は、歩くことがいちばん自然な「足裏マッサージ」であるとも言えるのです。

 

足裏は第二の心臓と呼ばれていますよね。

 

つまり、歩くことで血液を全身から脳へ送ってあげれば、脳細胞の劣化を防いで認知症予防、症状の改善への効果も期待できるわけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遊び
認知症改善・緩和の訓練の一つに遊びを入れていくというものがあります。ここでは遊びによる認知症の訓練について書いて行きます。
回想法
認知症改善・緩和の訓練の一つに回想法というものがあります。ここでは回想法による認知症の訓練について書いて行きます。
絵本
絵本の読み聞かせを行うことで認知症の予防や改善が行えると言われますが本当でしょうか?ここでは、絵本でケアする認知症についてご説明します。
アミロイドβ
アミロイドβは認知症の原因物質の一つとされています。ここでは認知症の原因物質の一つアミロイドβについてご説明します。
体操
認知症の予防や改善に体操はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と体操についてご説明します。
折り紙
認知症の予防や改善に折り紙はとても効果的と言われています。ここでは、認知症予防と折り紙についてご説明します。
クイズ
クイズによって認知症を予防・改善できると言いますが本当でしょうか?認知症に効果的と言われるクイズについて書いて行きます。
アプリ
認知症を予防・改善するために、タブレットやスマホによるアプリがたくさんあります。認知症に効果的と言われるアプリについて書いて行きます。
作業
認知症を予防・改善するために、作業を行うことは効果的です。ただし、ここで言う作業は行うと辛いというようなものではありません。認知症に効果的と言われる作業について書いて行きます。
塗り絵
認知症を予防・改善するために、塗り絵を行うという方法があります。認知症に効果的と言われる塗り絵について書いて行きます。
笑顔
認知症を予防・改善するために、笑顔で接することは重要なことなのでしょうか?ここでは認知症と笑顔の関係について書いて行きます。
ロボット
最近話題にっている認知症に関わるロボットの存在をご存知でしょうか?ここでは認知症とロボットの関係について書いて行きます。
ぬいぐるみ
認知症に対してぬいぐるみが効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とぬいぐるみの関係について書いて行きます。
音楽療法
認知症に対して音楽療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する音楽療法の効果や関係について書いて行きます。
園芸療法
認知症に対して園芸療法が効果を発揮するという話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症に対する園芸療法の効果や関係について書いて行きます。
リアリティオリエンテーション
認知症に対してリアリティオリエンテーションという治療法が行われることがあります。ここでは認知症のリアリティオリエンテーションの方法や効果について書いて行きます。
バリデーション療法
認知症に対してバリデーション療法という方法が行われることがあります。ここでは認知症のバリデーション療法についてご説明します。
社会心理療法
認知症に対して社会心理療法という治療法が行われることがあります。ここでは認知症の社会心理療法の方法や効果について書いて行きます。
編み物
認知症に対して手先を使う編み物が有効なことがあります。ここでは認知症と編み物との関係について書いて行きます。
ユマニチュード
認知症に対してユマニチュードというメソッドが有効なことがあります。ここでは認知症とユマニチュードとというメソッドとの関係について書いて行きます。
アロマテラピー
認知症に対してアロマテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とアロマテラピーとの関係について書いて行きます。
ラベンダー
認知症に対してラベンダーが有効であるということが、近年明らかになってきました。ここでは認知症とラベンダーの効果性などについてご説明します。
非薬物療法
認知症に対する非薬物療法という言葉があります。ここでは認知症に対する非薬物療法について書いて行きます。
ペットセラピー
認知症に対してペットテラピーが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とペットセラピーとの関係について書いて行きます。
マッサージ
認知症にマッサージが有効であるということが、近年の科学によって明らかになってきました。ここでは認知症とマッサージとの関係についてご説明します。