認知症と遊びの話の前に驚きの事例

スポンサードリンク

認知症と遊びの話の前に驚きの事例

認知症と、いろいろな遊びのお話の前に、まずは脳に関する驚くべき事例をひとつ。

 

米国のある少女が難病の「脳障害」にかかり、やむなく脳の半分を切除する手術を受けました。

 

ところが、残った脳が失った機能を補完し始め、退院の10日後には歩けるようにまでなったという報告がされています。

 

脳細胞が死滅してしまうと、脳の「情報伝達機能」も弱まり、働かなくなっていきます。

 

ですが、代わりに働いてくれる情報伝達機能が構築されれば、失くした機能を補うことができます。

 

これを「認知予備能」と呼び、認知症の機能障害への福音となっています。

認知症改善に効く遊びとは?

この認知予備能による認知機能障害の改善を促すために、将棋や囲碁、オセロやマージャンなどのいわゆる「遊び」が有効とされています。

 

どれも、先を読み、裏を読み、作戦を考え、さらにその先を読むといった高度な脳の働きが求められます。

 

そうやって鍛えられた脳は、もし脳神経が部分的にダメージを受けていたとしても、他の「神経伝達機能」が発達してきます。

 

ここで重要なのが「対戦する」ということです。

 

目の前の相手に「負けたくない!」という自尊心がとても大事になるのです。

 

勝つためにあらゆる方法を考え、集中し、的確な一手を打つといった一連の行為が脳を活性化させるからです。

 

しかし、現代社会では「人対人」の対戦を行えない場合もあるでしょう。

 

その場合は、ゲーム機やオンラインゲームでの対戦でも構いません。

 

もちろん、目の前に対戦相手がいれば闘争心は強くなり、よりよい脳の刺激が得られるでしょう。

 

また、キーボードやコントローラーの使い方を習得することは脳を働かせることにもなるため、コンピュータの利用もお勧めできます。

 

このように、高度な脳の使い方をする遊び=ゲームは、認知症改善の観点から見ても有用なものと言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。