認知症の判断基準

スポンサードリンク

認知症であるかどうかの判断基準とは?

認知症になっているかどうかの判断基準とは、一体どのようなことでしょうか?

 

親や配偶者の認知症を疑い、病院を受診したときに行われるテストがいくつかあります。

 

「MMSE(ミニメンタルステート検査)」や「長谷川式簡易知能評価スケール」と呼ばれるものです。

 

これらは、専門医がこのような判定テストを行ったり、血液検査や脳の画像診断を経て、認知症の「診断結果」を導き出します。

 

このテストで認知症と判定されると、介護に費やす時間の度合いにより「認定区分」が決まります。

 

認定区分は、軽度から順に「要支援1,2、要介護1~5」となり、受けられる介護サービスが変わってきます。

 

そして、この判定に大きく関わってくるのが「日常生活自立度」です。

 

日常生活自立度とは、介護に掛かる負担の軽重によりレベル判定されます。

 

日常生活自律度は、軽いレベルから「自立、Ⅰ、Ⅱa、Ⅱb、Ⅲa、Ⅲb、Ⅳ」および「M」とされています。

 

「M」が別枠なのは、自立度の軽重ではなく、「専門医療の必要がある」という判定だからであり、重さとは別物です。

 

ですから治療が奏功すればⅠ~Ⅳに戻ることもあります。

認知症認定と施設について

認知症の認定と、施設についてご説明します。

 

まず、医師に「主治医意見書」を出してもらって申請をすると、訪問員が調査に来ます。

 

その結果、介護が必要と認定されると介護保険の適用となります。

 

そして、区分に応じて介護サービスが受けられるようになります。

 

通所施設にどのくらい通えるか、在宅介護をどれくらい受けられるかなど、様々な選択肢があります。

 

ですので、介護度や希望に合わせて、通所施設や訪問介護・看護、ショートステイやグループホーム、あるいは病棟施設などを利用するという流れになるわけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。