認知症の「要介護認定」とは?

スポンサードリンク

認知症の「要介護認定」について

専門医の診断によって「認知症」と断定されても、即座に介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようになるわけではありません。

 

介護保険が適用されるためには、「要介護認定」が必要だからです。

 

介護保険を受給するためには、一定の基準を超えた認知症状が見られ、なおかつ介護者の負担レベルの高低によって判定されます。

 

ですから、見た感じでは「Aさん」より「Bさん」の方が重度と思えるのに、Aさんの方が介護度が高い(重度)ということもままあることなのです。

 

また、介護度の区分によって一ヶ月に支給される上限金額が変わってくるため、「要介護度」の判定は気に掛かるところです。

認知症の要介護認定の区分について

認知症の「要介護度」には1~5までの区分があり、5が最も重い段階となります。

 

また、要介護には至らない「要支援1,2」という区分も設定されています。

 

たとえば、要介護認定1は、立ち上がりや歩行に不安定さがあり、日常生活の一部に介助が必要とされる場合に適用されます。

 

この場合、一ヶ月の支給金額の上限は166,920円となり、自己負担額はその一割の16,692円となります。

 

これは、居宅介護を受ける際の目安なので、施設サービス(デイサービスやショートステイなど)の利用には、生活上の費用(食費など)は自己負担となります。

 

また、中には自己負担分の支出がままならない低所得の生活困窮世帯の方もいらっしゃいますよね。

 

その場合は、「特定入所者介護サービス費」「高額介護サービス費」などの特別な支給制度もあります。

 

これらは、その困窮度合いに応じて1~5段階の区分がなされます。

 

その区分によって算出された限度内で、介護保険からの支給を受けられる制度です。

 

これらの受給には申請が必要なため、受給者側も積極的に情報収集して「介護保険制度」を上手に利用しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。