認知症の進行を遅らせるには?

スポンサードリンク

認知症の進行を遅らせるには、どうすればイイ?

現在、認知症を治すための特効薬はありませんが、症状の進行を遅らせたり改善させるための薬は数種類認可されています。

 

また、認知症に対しては、医学的なアプローチとは別の方法にも効果があることがわかっています。

 

たとえば、通所施設に通っている方は、時々休みたがりる傾向にあります。

 

しかし、もし休むとなると一日中家に閉じこもり、誰とも会話をせず、何の刺激も喜怒哀楽もない一日になってしまい、脳に悪影響を与えることになります。

 

そういった意味でも、通いの方には家の外にまで出てきてもらうということも重要なウェイトを占めています。

 

つまり、人とのコミュニケーションが「薬の役目」を果たすことになっているわけなのです。

認知症改善の薬について

有名な認知症の薬であるアリセプト(ドネペジル塩酸塩)は、記憶に携わっている神経伝達物質を減少させる酵素を阻害して、神経伝達物質を保ちます。

 

また、メマリー(メマンチン)は、神経伝達物質のひとつであるグルタミン酸が過剰に出過ぎないようにし、脳の神経細胞を守ります。

 

レミニール(ガランタミン)は、神経伝達物質アセチルコリンの減少によって起こる「記憶」などの神経伝達の障害をサポートします。

 

リバスチグミンは、パッチタイプの経皮吸収薬で、経口薬に比べ、途中ではがしたりできるため副作用を軽減できるなどのメリットがあります。

 

また、薬剤使用を目視できるため、飲み忘れなどの確認がしやすくなります。

 

上記の薬はアルツハイマー型認知症への作用が主なのですが、これらのほかにも諸症状を和らげるための薬や漢方薬などもたくさんあります。

 

ぜひ、個々に合う薬を、医師と相談しながら探してみるのもいいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。