認知症予防とコグニサイズ

スポンサードリンク

認知症予防とコグニサイズについて

コグニサイズとは、認知症予防を目的として国立長寿医療研究センターによって開発された「運動+認知課題(計算やしりとりなど)」を用いたエクササイズの総称です。

 

コグニサイズは、「コグニション(認知)」「エクササイズ(運動)」を合わせた造語で、様々なパターンのプログラムがあります。

 

脳に認知的負荷を掛けるために「認知課題」を与えながら、身体には運動を課します。

 

この運動はステップ、ダンスをはじめ様々な動きがあり、そこに認知課題が付加されます。

 

コグニサイズに用いられる運動と認知課題は特別なものでなくて構いませんが、いくつかの留意点があります。

 

運動については「全身運動で中~強度くらいの負荷(息が軽く上がる程度)を与え、心拍数が上がる(身体への負荷)程度の運動」が望ましいでしょう。

 

また、運動に付加する認知課題としては、「行っている運動や認知課題をたまに間違ってしまうくらいの難しめの課題」がいいとされています。

 

つまり、簡単にやり遂げられてしまうものは効果が薄いということです。

 

コグニサイズでは、成功することではなく、体と脳を動かすことが最重要なのです。

認知症予防 コグニサイズの例

それでは、基本的なコグニサイズをふたつご紹介しましょう。

 

コグニサイズ(1) 足踏み

 

リズムを一定に保ちながら足踏みをしつつ、「いち、に、パン!しー、ごー、パン!」といった感じです。

 

コグニサイズ(2) ステップ

 

足踏みと同じく、リズムを保ちながら「右足を横→戻す→左足を横→戻す」を繰り返しステップします。

 

そして、それに合わせて数を数えつつ、「3の倍数」の時だけ声を出さずに手を叩きます。

 

つまり、(1)のレベルアップ編になります。

 

これらが簡単にできるようになったらスピードアップしたり、「引き算をしながら」など難易度を挙げるなど、常に継続して脳に刺激が行くようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。