認知症をチェックするには?

スポンサードリンク

認知症をチェックするには、どうすればいいの?

相応の年齢に達し、物忘れが多くなったら誰もが心配になるのが認知症です。

 

最近では、若年性認知症もありますから、必ずしも高齢だからとも言えないところも不安な部分ではあります。

 

ただ、いたずらに心配しているだけでは、余計なストレスを溜めるだけで、良いことはひとつもありません。

 

そこで、家族で気軽にできる「認知症チェック」として提供されているチェックシート(リスト)を利用してみましょう。

 

このチェックシートは、いくつかの質問に答える形式になっています。

 

正解できれば加点していき(ヒントを提示しての正解にも加点あり)、合計点数により「認知症の要注意度」を知る目安となるものです。

 

有名なものでは、「長谷川式知能評価簡易スケール」「MMSE」などのチェックシートがあります。

 

また、「家族の会」作成のチェックリストや医師・研究者が監修している認知症チェックリストなどを使っても良いでしょう。

 

専門医に診断してもらうかどうかは、その後で考えても良いのではないでしょうか?

認知症チェックシートの内容は?

認知症チェックシートには、どれも似たような質問項目があります。

 

これは、「時間・場所の見当識のテスト」や「計算力」、「記銘力」などの認知症に関わる機能を調べて判断するからです。

 

例を挙げると以下のような項目があります。

 

  • あなたの年齢は?
  • 今日は、何年・何月・何日の何曜日?
  • あなたが今居るのはどこ?
  • 100-7は?
  • そこ(100-7)から7を引くといくつ?
  • 桜・猫・電車という単語を復唱する
  • 数問後にもう一度単語(桜・猫・電車)を言う

 

などなど・・・いろいろなチェックをするための質問事項があるわけです。

 

もちろん、これだけで認知症の診断を下せるわけではありません。

 

しかし、理由もなく、ただいたずらに心配しているよりも、あまり深刻にならずにご家族でテストしてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。