認知症予防と歯の関係

スポンサードリンク

認知症予防と歯の関係について

認知症予防と歯の関係についてご説明しましょう。

 

昔から、「よく噛む」ということは脳の刺激になると言われていますが、そのメカニズムも解明されて来ています。

 

歯根に「歯根膜」という部位があり、そこから脳に刺激が伝わり、脳の中の感覚、運動、記憶、思考などに関わる部分を活性化していきます。

 

この「噛む」という行為が、認知症の予防につながると言われているのですが、残っている歯が少ない人は脳への刺激が減少し、脳の働きに影響が出ます。

 

また、単に歯があって噛めるだけでは、認知症予防の視点からいうともったいないことをしていると言えます。

 

それは、「噛むこと=咀嚼(そしゃく)」を意識しながら食べるか否かで、認知症の予防効果がまったく違ってくるからです。

 

さらに、よく噛まないことで引きこされるデメリットの中には、「アミロイドβ」の細胞への沈着が考えられています。

 

アミロイド沈着が先か?認知症が先か?という議論はあるにせよ、噛むことが認知症を予防する可能性があるのなら、やらない手はないと思うのです。

認知症の予防のために!歯がない場合の「噛む」方法

認知症の予防のために、歯がない場合の「噛む」方法について触れてみたいと思います。

 

マウスを使ったある実験では、噛みづらくした歯を治療すると、記憶力の回復が見られたといいます。

 

たとえ「義歯」でも、脳の刺激は得られるので、歯の治療の選択肢として、入れ歯やインプラントなどの検討をしてみるのもいいでしょう。

 

ただし、きちんと合った入れ歯で、きちんと噛むことができないと、効果は期待できないので注意したいところです。

 

通常の入れ歯ですと、異物感は否めませんが、保険適用で安く作れるというメリットがあります。

 

逆に、インプラントは、自分の歯と同じ感覚で噛めますし、異物感もないのですが、保険適用外のため高額で、手術を伴うためリスクもあるのが難点と言えるでしょう。

 

いずれにしても、きちんと噛めるようにすることで「認知症予防」が見込まれるため、検討の価値はあると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。