認知症の疑いがあるのは、どんな時?

スポンサードリンク

認知症の疑いがある時とは、一体どんな時?

認知症かどうかのテストや診断をする前段階として、「認知症の疑いがあるかも知れない」と思う時期があります。

 

たとえば、認知症の方の部屋を訪ねると、かなり散らかっている状態が見受けられます。

 

片付けは、以下のような認識の流れで行われます。

 

(1)その物を認識する→(2)その物の使い道を判別する→(3)その物の本来の在りかを判断する→(4)その場所へきちんと置く

 

つまり、片付けは、認知症で損なわれてしまう、上記のような機能が正常だからこそ、キチンと行われるものなのです。

 

そのため、今までできていた「片づけ」ができなくなってきたら、認知症の疑いがあるかもしれません。

 

「認知症=物忘れ」というのが世間の認識でしょう。

 

ところが、そのほかにも家族なら気付く「おや?」と思うことが積み重なってくるものなのです。

 

たとえば、財布に小銭が異常に多く溜まっている時も、認知症の疑いがあります。

 

レジでの支払い時に簡単な計算ができなくなっていたり、必要な小銭がわからずに常にお札で支払いをしてしまうためです。

 

また、同じ品物ばかりを買ってきて、それが家に溜まっている場合も認知症が疑われます。

認知症の疑いがある!と思った時の対応について

認知症の疑いがあると思った場合、まずは、ご本人の自尊心を損なわないためにも、専門医の受診の前に「簡易チェック」を行ってみるといいでしょう。

 

簡易チェックは、テスト形式でなくてもいいのです。

 

たとえば、日常の中でそれとなく「今日の日付」や、知人の写真を見ながら、その人の「名前」を聞いてみたりするのも良い方法です。

 

また、料理ができなくなっていないか、車の運転ミスが増えていないか、やる気がなくなっていないか、服装に無頓着になっていないかなどをチェックしてみます。

 

できれば、それが一年前と比べてどうかという判断が下せれば、よりよい認知症チェックになります。

 

その上で認知症が疑われるのなら、専門医を受診するといいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。