認知症?フレイルとは何?

スポンサードリンク

認知症?フレイルとはどんなもの?

認知症に関連する言葉で、フレイルという言葉をご存知でしょうか?

 

認知症そのものに馴染みのない方には、聞き慣れない言葉であるかもしれませんね。

 

“フレイル”とは2014年に日本老年医学会が発表した言葉です。

 

高齢者の身体機能や認知機能が低下することによって元気な状態と介護を必要とする状態の、ちょうど中間の状態を示すという意味の言葉です。

 

フレイルの語源は、Frailty (フレイルティー)という英語で、これは老衰、虚弱を意味する言葉です。

 

また、「老衰」「虚弱」と聞くと、健康な状態には戻らないという印象があります。

 

しかし、フレイルには「なりかけたとしても元に戻る」という「予防」の意味が含まれています。

 

ここでは、そんな認知症とフレイルの関係についてご説明します。

認知症?フレイルになる原因

年齢が進むにつれて足腰の筋力低下が原因となり立って歩くのも、やっと。

 

これまでは一言で「老化現象」と呼ばれてきた症状が「フレイル」という新しい呼び名で呼ばれ始めるようになりました。

 

認知症になる前のフレイルの原因は、ほとんどが「加齢によるもの」と言われてきました。

 

たとえば、高齢者が認知の機能が衰えたり、腰が曲がってしまったり、それに伴って身長が低くなったりするのは、すべて加齢が原因と言われてきたのです。

 

しかし、フレイルの問題点は「体力の低下」や「早い動作が出来なくなった」とか、また「転倒しやすくなった」といった身体的な面だけではありません。

 

「認知機能の低下による認知症の発症」や、それに伴う「うつ病」などの精神的な面に加えて、「独居による孤独感」や「経済的な面」など、社会的な面に対する問題も含まれています。

 

このような状態のフレイルを早期に発見し、適切な予防あるいは改善によって認知症を未然に防ぎ、再び元気な状態を取り戻すことを目標として発表されたのです。

認知症を含むフレイルの予防・改善策

フレイルの予防法や対応策を考える前に認知症の機能を含め、まず現在はどのような状態であるのかをチエックしておく必要があります。

 

フレイルの身体的なチエックには、「筋力の低下」・「活動量の低下」・「歩行速度」・「疲労の度合い」・「体重減少」が含まれています。

 

もちろん認知症患者に限らず、高齢になるにつれて、ある程度の身体能力の低下は仕方のないことかもしれません。

 

そんな中でも、ウォーキングなど無理のない有酸素運動で筋肉を増やす努力をしたり、地域で行われている音楽活動などに参加して歌を歌って肺活量を増やしたりすることでフレイルの予防・改善につながります。

 

また、食事の面においても、肉や魚や大豆などのタンパク質の摂取を心がけることも重要です。

 

食べ物や栄養を意識することは、「健康で長生きする」ための重要な対応策であるということができるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。