シナプソロジーと認知症予防

スポンサードリンク

シナプソロジーと認知症予防について

認知症の予防に効果的と言われるシナプソロジーについてご説明します。

 

ふだん、私たちは同時に二つのことをしたり、右と左で異なった動きを行ったりすることには慣れていません。

 

もちろん、仕事上必要に迫られて体に染み付いてることはあるでしょう。

 

しかし、そのように「慣れる」という状態にまで至ってしまえば、脳への刺激が足りなくなります。

 

つまり、敢えて「慣れない動き」を行うことで脳に刺激が与えられ、働きが活発になるのです。

 

それによって、認知症の予防に効果を発揮します。

 

シナプソロジーは、このような観点から考え出されたプログラムです。

 

昭和大学脳神経外科の藤本名誉教授の助言の下、フィットネスクラブなどを運営している一企業が開発したものです。

 

シナプソロジーは、ひとりで行うよりも、複数でワイワイ楽しみながら行うことを主眼に置いています。

 

仲間と感情を表に出しながら行うことで、それに関連した脳の部位が活性化します。

 

そして、「認知機能」「運動機能」の改善に加え、不安感を和らげる効果もあるとされています。

認知症予防に効果を発揮するシナプソロジーの一例

認知症予防に効果を発揮するシナプソロジーの一例として「計算じゃんけん」をご紹介しましょう。

 

計算じゃんけんの基本動作としては、じゃんけんの「グー」は10、「チョキ」は20、「パー」は50というように数字を割り当てます。

 

そして、二人一組でじゃんけんをして、相手と自分が出した手(割り当てた数字)を足して声に出します。

 

さらに、少し難しく、「グー」は100、「チョキ」は200、「パー」は500にしたり、もう一段階「難易度」を上げて、「グー」を10、「チョキ」を20、「パー」を5000にして同じようにじゃんけんをします。

 

このように、「身体的な刺激」や「認知機能への刺激」を変化させ続けることで、常に「新しい刺激」が脳を活性化することになるのです。

 

このほかにも、スカーフお手玉ボールなどを使ったプログラムもあり、介護施設などで採用されることも多くなってきているようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
遅らせる薬
現在、認知症予防や進行を遅らせるための方法や薬がいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な方法について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。