認知症の進行を遅らせる薬は?

スポンサードリンク

認知症予防 認知症の進行を遅らせる薬は?

認知症の進行を遅らせる薬には、アリセプト、メマリー、レミニール、リバスタッチなどが有用とされていますが、新薬の研究も日々続けられています。

 

今年発表された新薬は、データ上は効果が上がっているものの、まだまだ治験の段階であり、承認がなされる補償もないのが現実です。

 

現代医療において、認知症は治せる病気ではなく、進行を遅らせることしかできないとされています。

 

その理由は、一度死滅した「脳細胞」は再生することがなく、対策としては「死滅の速度を緩やかにする」しかないためです。

 

ですから、そのためにできることを日々、続けていくことが大切になります。

認知症を遅らせるための薬を頼る前にできること

認知症を遅らせるための認知症薬ですが、それらを頼る前にできることは何でしょうか?

 

まず、生活習慣を良質のものにするために、野菜や果物からビタミンなどを、魚からDHAとEPAを、そしてワインなどからポリフェノールを摂取するといいでしょう。

 

そして、有酸素運動を適度に続けることです。

 

また、人とのコミュニケーションを多く取る、文章の読み書きをする、博物館や美術館に行くなどの文化的なことをしましょう。

 

さらに、朝起きたら2時間以内に太陽光を浴びることと、30分以内の昼寝を合わせて日課としたいものです。

 

また、直接的に脳をトレーニングすることもお勧めです。

 

「エピソード記憶」のトレーニングとしては、2~3日遅れの日記を書いたり、買い物したものを記憶を頼りに家計簿に付けるという方法があります。

 

また、複数のことを同時に行うときに必要な「注意分割機能」を鍛えることも有効です。

 

そのために、一度に複数の料理を並行して作ったり、会話中に相手の表情や感情を観察することなどもいいでしょう。

 

そして、行動の組み立てを考えるなどの「計画力」を鍛えるため、合理的な買い物ルートを練ってみるのも良いです。

 

また、先読みをする将棋やオセロなどのゲームをするのも効果が期待できます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

早期発見
認知症の対処法の中でも早期発見はとても重要です。なぜなら発見のタイミングによってその後の経過の良し悪しがまったく変わってくるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
口腔ケア
認知症の方の対処の一つとして口腔ケアはとても大切です。ここでは、認知症予防のための口腔ケアの必要性についてご説明します。
認知症の予防と歯はとても密接に関係しています。ここでは、認知症予防と歯の関係についてご説明します。
チェック
ある程度の年齢になると認知症をチェックする必要性が出てくることも多いでしょう。ここでは認知症をチェックするための方法についてご説明します。
疑い
認知症の疑いがあるのは一体どんな時なのでしょうか?ある程度の年齢になったら一定の基準や目安を持っておきたいものです。ここでは認知症の疑いについてご説明します。
判断基準
認知症であるかどうかの判断基準とは、一体なんでしょうか?。ここでは認知症の判断基準についてご説明します。
遅らせる
認知症の進行を遅らせるための方法はいろいろな切り口があります。ここでは認知症の進行を遅らせる方法についてご説明します。
要介護認定
認知症と断定されても、すぐに介護保険が適用され、各種介護サービスが受けられるようにはなりません。要介護認定が必要だからです。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
コグニサイズ
認知症予防を目的としたエクササイズにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コグニサイズ」について書いて行きます。
シナプソロジー
認知症予防を目的としたエクササイズにシナプソロジーあります。ここでは認知症予防のエクササイズ「コシナプソロジー」について書いて行きます。
遊び
現在、認知症予防や進行を遅らせるための遊びがいろいろと開発されています。ここでは認知症の進行を遅らせるために有効な遊びについて書いて行きます。
ツボ
認知症予防や進行を遅らせる有効な手段の一つにツボ療法があります。ここでは認知症予防に有効なツボについて書いて行きます。
フレイル
認知症に関連する言葉でフレイルという言葉をご存知でしょうか?ここでは、認知症とフレイルの関係についてご説明します。