認知症予防にポリフェノールが効果的?

スポンサードリンク

認知症予防にポリフェノールが効果的って本当?

ポリフェノールの効果が世の中に浸透してから、ずいぶん経つと思います。

 

そんなポリフェノールが、認知症予防にも効果があると言われるようになりました。

 

ポリフェノールとは、植物が光合成において産生する色素や苦味成分であり、多くの野菜や果物に含まれているものです。

 

ところが、食べ物の種類によってポリフェノールの種類も複数あるため、認知症に対しての効能に差が出てきます。

 

アルツハイマー型認知症は、脳細胞に「アミロイドβ」と「タウたんぱく」が蓄積することで発症するとされています。

 

さらに、レビー小体型認知症に関わる「αシヌクレイン」というたんぱく質も確認されています。

 

一部のポリフェノールは、これらの蓄積を抑制し、認知機能の低下や症状の悪化を防ぐことができると考えられています。

認知症予防に効果的なポリフェノールについて

アミロイドβ、タウ、αシヌクレインの3つのたんぱく質の蓄積を抑制するポリフェノールが判明し、それを含む食品もわかってきました。

 

それは、緑茶に含まれる「エピガロカテキン・ガレート」、赤ワイン・果物に含まれる「ミリセチン」、紅茶に含まれる「テアフラビン」、ナスに含まれる「デルフィニジン」です。

 

また、ポリフェノールの一種「レスベラトロール」には、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」の両者への予防効果があると言われています。

 

レスベラトロールを摂取すると、空間学習能力や記憶を司る海馬(かいば)を刺激する物質が増えることがわかりました。

 

その海馬を活性化させれば、記憶力や学習能力が向上し、認知機能が改善することになります。

 

摂取量の目安の一例ですが、赤ワインなら一日二杯ほどがよいとされています。

 

しかし、ポリフェノールは1日で代謝されるため、お茶や果物、野菜(ジュース)などの摂取を日課にするといいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

認知症を改善・緩和する方法の一つに魚を摂取するいうことがあります。ここでは認知症に良い魚について書いて行きます。
アスタキサンチン
認知症にアスタキサンチンが効果的という話は本当でしょうか?ここでは認知症とアスタキサンチンの関係性についてご説明します。
認知症を改善・緩和するため、摂取する油に意識を向けることは効果的です。ここでは認知症に良い油について書いて行きます。
野菜
認知症を改善・緩和するため、摂取する野菜に意識を向けることは効果的です。ここでは認知症に良い野菜について書いて行きます。
サプリメント
認知症を改善・緩和するためにサプリメントも効果的と言えるでしょう。ここでは認知症に良いサプリメントついて書いて行きます。
効果的なサプリメント
認知症に効果的と言われるサプリメントには、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは認知症に効果的なサプリメントを具体例を交えながらご説明します。
水(水分)
認知症と水分が関係することをご存知ない方は多いようです。ここでは知らないと危険な認知症と水分の関係について書いて行きます。
葉酸
認知症の予防に葉酸が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症と葉酸の関係について書いて行きます。
ビタミン
認知症にビタミンが有効という話がありますがが本当でしょうか?ここでは認知症とビタミンの関係について書いて行きます。
グルタミン酸
認知症にグルタミン酸が有効という話がありますがが本当でしょうか?ここでは認知症とグルタミン酸の関係について書いて行きます。
フェルラ酸
認知症にフェルラ酸という物質が有効という話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とフェルラ酸の関係について書いて行きます。
たんぱく質
認知症とたんぱく質には密接な関係があると入れていますが本当でしょうか?ここでは認知症とたんぱく質の関係について書いて行きます。
PC-DHA
認知症にPC-DHAと呼ばれる物質が有効と言われているのをご存知でしょうか?ここでは認知症とPC-DHAの関係性について書いて行きます。