野菜で予防する認知症

スポンサードリンク

野菜で予防する認知症について

認知症の改善や緩和、予防に効果的な野菜についてご説明しましょう。

 

野菜の中には、緑黄色野菜と呼ばれる、「より食べたほうがいい野菜」があります。

 

かぼちゃ、ニラ、にんじん、ほうれん草、トマト、ピーマンなどがそれに類しており、β-カロテンを多く含んでいます。

 

また、トマトにはリコピンと呼ばれるカロテンの一種が含まれています。

 

ビタミンEやC、カカオやワインに含まれるポリフェノールなどと同様に、活性酸素に対抗して、老化防止や認知症予防にまでも効果があると言われています。

 

この活性酸素ですが、細胞や遺伝子に悪影響を及ぼし、老化を早めさせます。

 

そこで、抗酸化作用のある様々な物質が注目されています。

認知症予防のために緑黄色野菜や果物から抗酸化物質を摂る

認知症予防のために緑黄色野菜や栄養には、どんなものがあるのでしょうか?

 

最近よく耳にする「リコピン」は、アンチエイジング以外にも、記憶力や学習能力の向上にも効力を発揮します。

 

リコピンは、トマトに多く含まれる抗酸化物質で、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化パワーを持つとされるカロテンの一種です。

 

とはいえ、トマトだけを食べるわけにもいかないので、β-カロテンを多く含む「緑黄色野菜」をあわせて摂ることも大切になってきます。

 

β-カロテンにも、ビタミンE、Cにも抗酸化作用があります。

 

そのため、認知症の発症の元を抑制しうるもので、さらにビタミンEとCは同時に摂ることでより効果を発揮すると言われています。

 

ならば、このような抗酸化物質を大量に摂ればいいかというとそうではありません。

 

過剰に摂取し、体内に蓄積すると逆効果になります。

 

やはり、摂取は適量に留めることが重要と言えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

認知症を改善・緩和する方法の一つに魚を摂取するいうことがあります。ここでは認知症に良い魚について書いて行きます。
アスタキサンチン
認知症にアスタキサンチンが効果的という話は本当でしょうか?ここでは認知症とアスタキサンチンの関係性についてご説明します。
認知症を改善・緩和するため、摂取する油に意識を向けることは効果的です。ここでは認知症に良い油について書いて行きます。
サプリメント
認知症を改善・緩和するためにサプリメントも効果的と言えるでしょう。ここでは認知症に良いサプリメントついて書いて行きます。
効果的なサプリメント
認知症に効果的と言われるサプリメントには、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは認知症に効果的なサプリメントを具体例を交えながらご説明します。
水(水分)
認知症と水分が関係することをご存知ない方は多いようです。ここでは知らないと危険な認知症と水分の関係について書いて行きます。
ポリフェノール
認知症の予防にポリフェノールが効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とポリフェノールの関係について書いて行きます。
葉酸
認知症の予防に葉酸が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症と葉酸の関係について書いて行きます。
ビタミン
認知症にビタミンが有効という話がありますがが本当でしょうか?ここでは認知症とビタミンの関係について書いて行きます。
グルタミン酸
認知症にグルタミン酸が有効という話がありますがが本当でしょうか?ここでは認知症とグルタミン酸の関係について書いて行きます。
フェルラ酸
認知症にフェルラ酸という物質が有効という話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とフェルラ酸の関係について書いて行きます。
たんぱく質
認知症とたんぱく質には密接な関係があると入れていますが本当でしょうか?ここでは認知症とたんぱく質の関係について書いて行きます。
PC-DHA
認知症にPC-DHAと呼ばれる物質が有効と言われているのをご存知でしょうか?ここでは認知症とPC-DHAの関係性について書いて行きます。