認知症の補助金

スポンサードリンク

認知症の訪問看護について

認知症に不安のある方、またはすでに認知症になっているご家族をお持ちの方は、公的な補助金についても気になるところでしょう。

 

今、認知症関係者(ご本人やご家族、介護職員など)が誰でも参加できる「憩いの場」であり、情報交換の場でもある「認知症カフェ」の運営が始められています。

 

認知症カフェは、公的な「補助金」が支出され、社会的なサポートの一環として広がりつつあります。

 

また、ご家族に対する補助金としては、「家族介護慰労金制度」があります。

 

この制度に条件はありますが、年間十万円までの支給が受けられますし、自宅をバリアフリーに改造する際に受けられる補助金もあります。

 

気になる方は、調べてみると良いでしょう。

金銭以外の認知症補助について

一人暮らしの認知症の方の中には「服薬」が日課となっている方々が多くいらっしゃいます。

 

しかしながら、その服薬を自身できちんと管理できない方が多いことも現実です。

 

飲むべき薬を飲み忘れたらどうなるか、飲んだことを忘れて過剰摂取になったらどうなるのか、考えただけでも心配になります。

 

現在、社会には盲導犬、介助犬などの「サポート犬」たちが活躍していますね。

 

実は、このような認知症の方の心配事を軽減し、「犬の癒し力と知能」「IT技術」と融合させて、快適な生活を送ってもらおうと研究している「補助犬団体」もあります

 

また、それとは別のサポートとして「補助人」という制度があります。

 

補助人とは、家庭裁判所から任命された人が被支援者(認知症の方)の同意の下で、その方の代わりに財産などを守るというものです。

 

このように、介護負担が少しでも軽減されるよう、ご本人とご家族のサポートが考えられ実現して来ています。

 

これらを上手に利用するためにも、認知症情報にアンテナを張っておくことは、とても重要なことと言えるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

疲れた
認知症改善のために様々な対処を行って疲れ果てたという方も多いことでしょう。ここでは認知症介護に疲れた方への対処法を書いて行きます。
受け入れ施設
認知症の方やご家族をサポートするために、様々な受け入れ施設が用意されています。ここでは認知症の方々の受け入れ施設について書いて行きます。
特養
認知症の方が利用される施設の一つとして、俗に特養と呼ばれる特別養護老人ホームがあります。ここでは認知症の方が特養を利用するケースについてご説明します。
老健
認知症の方が利用される施設の一つとして、老健(介護老人保健施設)があります。ここでは認知症の方が老健を利用するケースについてご説明します。
訪問看護
認知症の方が利用されるケアの一つに訪問看護があります。ここでは認知症の方が訪問看護を利用するケースについてご説明します。
費用
認知症に不安のある方、また現実的に認知症になっているご家族をお持ちの方は、それに関わる費用については気になるところですね。ここでは認知症に関わる費用についてご説明します。
介護にお悩みの方へ
認知症の介護にお悩みの方は年々増え続けています。そんな時、有料老人ホームや特別養護老人ホームを探すのも良い方法です。ここでは良い老人ホームを探せるサイトをご紹介しています。