認知症の訪問看護

スポンサードリンク

認知症の訪問看護について

訪問による認知症ケアには、生活介助や身体介助などの訪問介護と、看護師が自宅へ赴き各種サービスを行う訪問看護があります。

 

特に、お一人住まいの認知症高齢者であれば、ご本人も日々の健康や生活への不安があるでしょうし、別居しているご家族の心配も尽きないことでしょう。

 

訪問看護においては、医師の指示の下、より踏み込んだ看護ケアが行えます。

 

また、訪問看護の場合、「介護保険」でも「医療保険」でも利用することができます。

 

そのため、介護認定が下りない方でもサービスを受けることが可能です。

訪問看護の仕組みと内容

訪問看護の利用は、介護保険適用の場合、まず、居住エリアの「地域包括支援センター」「市町村役場の窓口」に相談してみましょう。

 

そして、「担当ケアマネージャー」と「掛かりつけ医」とで連携を取りながら、訪問看護を行っていくことになります。

 

訪問看護ステーションや病院の訪問看護部門では、医師の「訪問看護指示書」を基に看護サービスを行っていきます。

 

また、医療保険で利用する場合はケアマネージャーが間に入らず、医師と相談しながらの利用となります。

 

訪問介護では、身体ケアや医療的処置に限界があります。

 

たとえば、血圧測定では、ホームヘルパーは電子血圧計しか使用できません。

 

また、爪切りも爪やその周辺に異常がない場合のみ処置できるなど「法的な規制」があります。

 

訪問看護では、身体的、医療的ケアの他に介護のアドバイス、情報提供なども行いますので、持病や状態によって介護と看護を使い分けることが賢明と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

疲れた
認知症改善のために様々な対処を行って疲れ果てたという方も多いことでしょう。ここでは認知症介護に疲れた方への対処法を書いて行きます。
受け入れ施設
認知症の方やご家族をサポートするために、様々な受け入れ施設が用意されています。ここでは認知症の方々の受け入れ施設について書いて行きます。
特養
認知症の方が利用される施設の一つとして、俗に特養と呼ばれる特別養護老人ホームがあります。ここでは認知症の方が特養を利用するケースについてご説明します。
老健
認知症の方が利用される施設の一つとして、老健(介護老人保健施設)があります。ここでは認知症の方が老健を利用するケースについてご説明します。
費用
認知症に不安のある方、また現実的に認知症になっているご家族をお持ちの方は、それに関わる費用については気になるところですね。ここでは認知症に関わる費用についてご説明します。
補助金
認知症に不安のある方、また現実的に認知症になっているご家族をお持ちの方は、公的な補助金についても気になるところでしょう。ここでは認知症の補助金についてご説明します。
介護にお悩みの方へ
認知症の介護にお悩みの方は年々増え続けています。そんな時、有料老人ホームや特別養護老人ホームを探すのも良い方法です。ここでは良い老人ホームを探せるサイトをご紹介しています。