認知症に関わる費用

スポンサードリンク

認知症の訪問看護について

認知症に関わる費用については、多くの方が気にしていらっしゃることでしょう。

 

日本における社会福祉のひとつとして「介護保険」が導入されたのは、平成12年のことです。

 

これは、高齢者介護の金銭的負担増への対策であり、それだけ認知症の方々が多くなっていくことを示しています。

 

認知症確定以前には、診断や検査の費用が必要になります。

 

また、実際に「認知症」と診断されれば、日々の介護費用や施設への入所費用、病院であれば入院費用などの負担が考えられます。

 

介護保険を利用した場合の自己負担率は1割ですが、介護度によっても利用限度額が変わりますし、施設での食事代や日常生活費などにより、自己負担の費用が増加します。

認知症費用の概要について

まず、認知症の検査費用としては、たとえば血液検査、遺伝子検査が2万円程度で、特殊画像検査なども加えると十数万円にもなるため、検査内容によって幅があります。

 

また、認知症と診断された後、掛かってくる費用としては「施設入所費用」であったり、「通所施設費用」、「居宅介護費用」などがあります。

 

これは、介護度やサービスの選択によって変わってきます。

 

住居型施設の入所費用は、月々6、7万円から20万円を超えるところまであり、「施設選び」は、細かなビジョンと検討、リサーチが欠かせません。

 

在宅での介護費用は、平均して「介護保険」から支給される以上の出費があるのが実情です。

 

限度額上限を超えた分に対しては「全額自己負担」となるため、サービスの種類や時間などの「取捨選択」はとても重要となります。

 

このように、介護費用には多様性があるため、専門家への相談は最良の手立てと言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

疲れた
認知症改善のために様々な対処を行って疲れ果てたという方も多いことでしょう。ここでは認知症介護に疲れた方への対処法を書いて行きます。
受け入れ施設
認知症の方やご家族をサポートするために、様々な受け入れ施設が用意されています。ここでは認知症の方々の受け入れ施設について書いて行きます。
特養
認知症の方が利用される施設の一つとして、俗に特養と呼ばれる特別養護老人ホームがあります。ここでは認知症の方が特養を利用するケースについてご説明します。
老健
認知症の方が利用される施設の一つとして、老健(介護老人保健施設)があります。ここでは認知症の方が老健を利用するケースについてご説明します。
訪問看護
認知症の方が利用されるケアの一つに訪問看護があります。ここでは認知症の方が訪問看護を利用するケースについてご説明します。
補助金
認知症に不安のある方、また現実的に認知症になっているご家族をお持ちの方は、公的な補助金についても気になるところでしょう。ここでは認知症の補助金についてご説明します。
介護にお悩みの方へ
認知症の介護にお悩みの方は年々増え続けています。そんな時、有料老人ホームや特別養護老人ホームを探すのも良い方法です。ここでは良い老人ホームを探せるサイトをご紹介しています。