認知症の方々の受け入れ施設

スポンサードリンク

認知症の方々の受け入れ施設について

認知症の方々の受け入れ施設についてご説明しましょう。

 

昔は、老人ホームというと、「親を放棄した」とか、「かわいそう」とか、マイナスイメージで受け取られることが多いものでした。

 

しかし、現在は介護保険の適用も相まって、施設を利用することに対して「肯定的な見方」をされるようになってきています。

 

家庭での介護では、通所サービス(入浴や食事などのサービスを提供するデイサービスセンター、リハビリを主としたデイケアセンター)や訪問介護、ショートステイを併用すると、ご家族の負担は軽減されます。

 

しかし、在宅での介護に限界を感じたときは、地域の包括支援センターや市町村窓口に相談し、介護施設への入居も視野に入れるべきだと思うのです。

 

在宅介護の破綻で怖いのは、介護放棄や暴力などによる虐待や介護者の疲弊による共倒れです。

 

そんなことになる前に、認知症の方々の受け入れ先を検討してみてはいかがでしょうか。

認知症の方のための受け入れ態勢 各施設について

認知症予防のために介護施設には、どんな所があるのでしょうか?

 

介護施設には様々な種類があり、認知症の状態や症状、費用、受けられるケアなどによって分けられています。

 

自宅復帰を前提に期限付きで入居する「介護老人保健施設」や、重度の方を受け入れる「特別養護老人ホーム」があります。

 

また、今流行りのシェアハウスのように数人が一つ屋根の下で暮らす「グループホーム」は、最近増加傾向にあります。

 

また、民間経営のため高額ですが、今までの生活観をあまり変えることなく暮らせる「有料老人ホーム」などがあります。

 

入居基準、費用、介護サービスや医療設備の有無など、各施設で差異があるため、事前に検討を重ねることが重要と言えます。

認知症の方を受け入れてくれる有料老人ホームを探したい時は?

認知症の親御さんの世話に疲れて、どうしようもなくなる時は、誰しもあるものです。

 

そのような場合には、認知症の受け入れ体制のある有料老人ホームを探してみては、いかがでしょうか?

 

今の時代、快適な老人ホームを探して入れてあげることも、大きな親孝行の一つですよ。

 

ところが、いざ老人ホームを探し始めると、途端に問題が浮上してきます。

 

たとえば・・・

 

  • 老人ホームの費用の総額はいくら位なのか?
  • 認知症に対する受け入れ体制のあるホームはどこなのか?
  • 老人ホームに入った後に通える場所にあるのか?
  • 自分の親をあずけて酷いことをされないか?

 

などなど、様々な不安や疑問、解決したい問題などが出てくるわけです。

 

また、ふだん仕事がある方の場合、いろいろな老人ホームを自分で調べるのは、かなり大変な作業になるでしょう。

 

そこでおススメなのが、無料で有料老人ホームの検索や比較ができる【探しっくす】というサイトです。

 

探しっくすでは、「地域」「予算」の2つだけ入力すれば、その方に状況に合った老人ホームが一発で探せます。

 

完全無料で利用できますので、リスクもなく、とても安心です。

 

一括の資料請求も、もちろん無料なので、仕事で忙しい方でも、気に入った老人ホームをカンタンに確認することができます。

 

認知症の介護は一人で悩まず、まずは探しっくすで無料検索してみましょう!

 

「探しっくす」 有料老人ホーム検索サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

疲れた
認知症改善のために様々な対処を行って疲れ果てたという方も多いことでしょう。ここでは認知症介護に疲れた方への対処法を書いて行きます。
特養
認知症の方が利用される施設の一つとして、俗に特養と呼ばれる特別養護老人ホームがあります。ここでは認知症の方が特養を利用するケースについてご説明します。
老健
認知症の方が利用される施設の一つとして、老健(介護老人保健施設)があります。ここでは認知症の方が老健を利用するケースについてご説明します。
訪問看護
認知症の方が利用されるケアの一つに訪問看護があります。ここでは認知症の方が訪問看護を利用するケースについてご説明します。
費用
認知症に不安のある方、また現実的に認知症になっているご家族をお持ちの方は、それに関わる費用については気になるところですね。ここでは認知症に関わる費用についてご説明します。
補助金
認知症に不安のある方、また現実的に認知症になっているご家族をお持ちの方は、公的な補助金についても気になるところでしょう。ここでは認知症の補助金についてご説明します。
介護にお悩みの方へ
認知症の介護にお悩みの方は年々増え続けています。そんな時、有料老人ホームや特別養護老人ホームを探すのも良い方法です。ここでは良い老人ホームを探せるサイトをご紹介しています。