認知症の中核症状

スポンサードリンク

認知症の中核症状について

認知症の方であれば誰にでも現れる症状を、「中核症状」といいます。

 

中核症状には、見当識障害、記憶障害、失認、失語、失行などがあります。

 

このような症状が出始めると、ご家族の方も戸惑ったり、ただ思い悩んでしまったりします。

 

また、逆に、深刻に受け取らず、積極的に動かなかったりすることもあります。

 

認知症は、脳の病気であり、進行性のものということを、まずは理解することが大切です。

 

そして、相談できる場所も、サポートをする体制も充実していることを、知ってほしいのです。

 

ご家族が冷静になり、認知症と向き合う心構えをすることが、初めの一歩となるのです。

認知症の中核症状への対応

認知症の中核症状に、日付や曜日、場所がわからなくなる「見当識障害」や、さっき言ったことを忘れたり、体験してきたことを忘れたりする「記憶障害」があります。

 

これらの症状に対して、「何度同じことを言うの!」とか、「なんで思い出せないの!」と言われても、ご本人は混乱するだけです。

 

まずは、一旦受け止めることが大切です。

 

当たり前のことでも、聞かれたら何度でも答えてあげれば、ご本人は安心して落ち着けるのです。

 

また、以下のようなことに対しては、サポートとフォローが効果的です。

 

  • 「失語」・・・言語機能が衰えてしまう
  • 「失認」・・・五感がうまく使えず物事を正確に捉えられなくなる
  • 「失行」・・・体は動かせるがやり方がわからなくなる

 

「失語」にはゆっくりと短い言葉で繰り返し伝えたりすることが有効です。

 

「失認」には、「これはこういうことね。」と助け舟を出したりすると良いでしょう。

 

「失行」には、ご本人のできない部分をフォローするといったことが支えになるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

認知症予備軍(MCI)
認知症は、ある日突然なるものではなく、必ずなるまえの兆候が現れます。ここでは認知症の予備軍MCIについて書いて行きます。
初期症状
認知症の症状の一つに初期症状というのがあります。ここでは認知症の初期症状の原因や症状、対処法について書いて行きます。
周辺症状
認知症の個々の症状の一つに周辺症状というのがあります。ここでは認知症の周辺症状の原因や対処法について書いて行きます。