認知症の薬

認知症の薬について

認知症の予防や対策のために薬を服用するケースは多いです。

 

ただ、残念なことに、認知症を完治させる薬は、今のところ存在していません。

 

認知症の薬は、初期症状を早期発見して改善させたり、認知症の進行を遅らせていくというのが役割とお考えください。

 

認知症の薬は、新薬がドンドン開発されていくため、その種類にはさまざまなものがあります。

 

ここでは、認知症に良く使われる薬を、介護の現場からの体験としてお話して行きます。

認知症の薬記事一覧

認知症と薬 アリセプト

アリセプトという薬は、認知症の介護現場で良く使われるものです。神経が伝達される仕組みには「神経伝達物質」が必要不可欠となります。その物質の一種の「アセチルコリン」の不足が、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症の症状である「記憶障害」や「思考力・判断力の低下」を引き起こすとされています。さらに、...

≫続きを読む

 

認知症と薬 メマリー

認知症の薬はアリセプトを先駆けとして、いろいろな新薬が作られて来ています。その中で、2011年に発売された「メマリー(メマンチン塩酸塩)」は、中〜高度のアルツハイマー型認知症の認知機能障害の進行を抑える効果があるとされています。逆に、メマリーは「軽度認知症」にはあまり効果がないことも言われています。...

≫続きを読む

 

認知症と薬 レミニール

レミニールという認知症の薬が、介護の現場で使われています。アルツハイマー型認知症は、「アセチルコリン」という脳内神経伝達物質が減少し、神経の働きが鈍り、記憶力や思考力、判断力が低下してしまいます。進行スピードは徐々ではありますが、悪化の一途をたどり、日常生活が困難になっていきます。このような脳内物質...

≫続きを読む

 

認知症と薬 グラマリール

「グラマリール(チアプリド塩酸塩)」という薬があります。これは、抗認知症薬というよりも、「抗精神病薬」として開発されました。グラマリールは、脳内の血液の流れを改善するために使用される、1987年に発売された第一世代の抗精神病薬です。元々は、脳梗塞の後遺症改善のために使われていましたが、現在では様々な...

≫続きを読む

 

認知症と薬 リスパダール

認知症も精神疾患も、脳に問題が起こったために発症する病気です。ですから、元々は「統合失調症」の症状を抑えるのに用いていた薬をを認知症の症状の緩和にも使ったりするのです。その中の「リスパダール(リスペリドン)」という薬は、第二世代抗精神薬に分類されていjます。リスパダールは、複数の脳内物質に作用するた...

≫続きを読む

 

認知症と漢方薬 抑肝散(よくかんさん)

古来から使われている漢方薬は、自然界から薬効のある素材を厳選し、体に穏やかな効果をもたらす薬です。そんな漢方薬の中のひとつ「抑肝散(よくかんさん)」は精神症状に対して使われます。「肝」という字は、漢方では精神を表しているため、読んで字のごとく「精神への効能」が期待されるところです。抑肝散は元々、乳幼...

≫続きを読む

 

認知症の薬の副作用

認知症の薬には、いろいろな副作用が有ると言われています。認知症の薬に副作用がある理由は、症状や原因によってどの薬を使うかが処方されますので、使う薬によって、副作用は様々な形で出現するからです。認知症の薬による副作用は、消化器、循環器、泌尿器などの臓器や、精神的なものや、もちろん脳の機能に関連する副作...

≫続きを読む

 

認知症の薬を飲まない?

認知症の患者が薬を飲まない!・・・という経験をされて困っている介護者の方は多いのはないでしょうか?飲ませようとしても、口を開けない、飲み込まない、吐き出すなどはよくあるケースでしょう。認知症なんだから薬を飲んで当たり前と思っている人もいるようですが、ご本人にとっては飲まない言い分や理由があるのです。...

≫続きを読む

 

認知症の薬の使い分けはどうするの?

認知症の薬はいろいろなものがありますが、使い分けるにはどうすれば良いのでしょうか?実際、いろいろな製薬会社から出ている認知症の薬をどう使い分けたらよいかについて悩む方も多いです。もしかすると、この薬とこの薬を一緒に使ってはいけないのではないか?あるいは、こんな時には、どの薬を飲ませるのが適切だっただ...

≫続きを読む